シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

「ヱヴァ」アスカが元ネタ!秋山莉奈が演技に恥じらい

「ヱヴァ」アスカが元ネタ!秋山莉奈が演技に恥じらい
秋山莉奈

 本田優貴の人気コミックを実写化した映画『東京闇虫』の初日舞台あいさつが28日、都内にて行われ、主演の桐山漣、秋山莉奈、穂花、豊原功補、やべきょうすけ、佐藤佐吉監督が登壇して、撮影時の裏話などを明かした。佐藤監督は秋山が演じた劇場版オリジナルキャラクター・要の元ネタが「ヱヴァンゲリヲン」シリーズの式波・アスカ・ラングレーであると明かした。

 「これを作り始める頃、ちょうど『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』を観たんです」と佐藤監督は明かすと、「衣装とか、髪型とか『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』のアスカにインスパイアされた」と告白。周囲から「それで眼帯をつけているんですね」と突っ込まれると、「そうです」と笑顔を見せた。

 その要を演じる秋山は、監督のまさかの発言に「大人の事情があったんですね」と苦笑い。「眼帯は違和感があるかなと思ったけど、意外と大丈夫でした。非常に濃いキャラクターなのですが、後で映像を観たらやっぱり恥ずかしかった」とコメントしていた。

 また主演の桐山は「横浜出身ですが、今回初めて関西弁に挑戦した。関東人の話す関西弁で地元の人の厳しい批判を浴びるのではと不安だった」と不安を隠せない様子だったが、舞台あいさつに飛び入り参加した豊原は「珍しくも愛らしい作品に仕上がっています」と自信を見せていた。

 映画『東京闇虫』はギャンブルで多重債務者となってしまった青年が、怪しげな仕事に手を染めるさまを描いたダークドラマ。『殺し屋1』『東京プレイボーイクラブ』などで脚本家、俳優としても活躍する佐藤佐吉がメガホンを取り、バラエティーに富んだ顔ぶれが出演している。(取材・文 名鹿祥史)

『東京闇虫』は現在公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 9月
  4. 28日
  5. 「ヱヴァ」アスカが元ネタ!秋山莉奈が演技に恥じらい