シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

『プロメテウス』のローガン・マーシャル=グリーン、「ボヴァリー夫人」の映画化に出演へ

『プロメテウス』のローガン・マーシャル=グリーン、「ボヴァリー夫人」の映画化に出演へ
ローガン・マーシャル=グリーン - Ryan Miller / Getty Images

 映画『デビル』『プロメテウス』のローガン・マーシャル=グリーンが、フローベールの小説「ボヴァリー夫人」の映画化に出演することになったとDeadline.comが報じた。

 1856年に発表された本著は、田舎での結婚生活に不満を募らせるボヴァリー夫人が、奔放に不倫や浪費に走った末、やがて悲劇的な結末を迎えるという内容の小説で、これまで、ジャン・ルノワール監督やアレクサンドル・ソクーロフ監督らの手で映画化されてきた。

 新たに映画化を手掛けるのは、フランスの女性監督ソフィー・バルト。ボヴァリー夫人にミア・ワシコウスカ、若き不倫相手のレオンに映画『少年は残酷な弓を射る』のエズラ・ミラーらがすでにキャストに決まっている。

 マーシャル=グリーンが演じるのは、ボヴァリー夫妻を舞踏会に招く伯爵マルキーズの役。

 本作は、今週よりフランスのノルマンディーにて撮影開始予定。公開は2014年を予定している。(鯨岡孝子)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 10月
  4. 3日
  5. 『プロメテウス』のローガン・マーシャル=グリーン、「ボヴァリー夫人」の映画化に出演へ