シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ASKA事務所の見解に「週刊文春」が反論…インタビューは合意の上で実施

ASKA事務所の見解に「週刊文春」が反論…インタビューは合意の上で実施
ASKAの所属事務所に反論した週刊文春のオフィシャルサイト - 画像はスクリーンショット

 CHAGE and ASKA・ASKAの所属事務所が「週刊文春」誌上のインタビューについて「本人が承諾したものではありません」と声明を発表したことを受け、「週刊文春」編集部が11日、オフィシャルサイト上で反論した。同編集部によると、インタビューは事前に取材依頼の手紙と質問状を渡した上で行われたものだという。

 同編集部は11日付で「『飛鳥涼独占告白3時間』記事について」と題したお知らせをオフィシャルサイトに掲載。その中で「ASKAさんの所属事務所は本誌記事について公式ホームページ上で、『(記事掲載は)本人が承諾したものではありません』と発表しています。しかしながら、本誌記者は事前に取材依頼の手紙と質問状をASKAさんに渡しており、インタビューはそれを基に行われたものです」と反論した。

 また、ASKAの所属事務所は同誌の記者が「取材ではないことに同意した」との見解を示しているが、編集部は「そうした事実はありません」と否定。「記事の扱いについて、ASKAさんは本誌記者に『任せます』と伝えており、記事はそれを受けて掲載されました」と経緯を説明した。

 ASKAは今月9日発売の「週刊文春」誌上で、薬物疑惑について釈明。所属事務所側は、その取材に一切関知しておらず、ASKAも記事にすることを承諾していないと主張していた。(編集部・福田麗)


【関連情報】
キーワード

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 10月
  4. 11日
  5. ASKA事務所の見解に「週刊文春」が反論…インタビューは合意の上で実施