シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

松田龍平はおしゃべり好き?堀北真希がギャップを暴露

松田龍平はおしゃべり好き?堀北真希がギャップを暴露
映画で兄妹を演じた松田龍平と堀北真希

 女優の堀北真希が28日、都内で行われた映画『麦子さんと』のトークイベントに俳優の松田龍平、吉田恵輔監督と出席し、寡黙なイメージで知られる松田のおしゃべり好きな一面を明かした。

 本作が初共演で、声優を夢見るオタク系女子・麦子と、ちょっと頼りない兄・憲男を演じた堀北と松田。松田といえば口数の少ないイメージがあるだけに、堀北も「寡黙なイメージがあったので緊張しました」と初対面したときの印象を振り返ったが、現場では「結構おしゃべりな方でした」と松田のギャップに驚いたことを告白。

 堀北いわく「現場でうとうと寝ていると『ねーねー』って起こしに来て話したり、ほかのお仕事で一生懸命、ものを書いているときにも、集中しているのをわかっていながら話し掛けてくる」といい、松田も「そうです」と肯定して笑いを誘った。

 一方の松田は、堀北の印象を聞かれると「しっかりしていたと思いました」と語り、撮影中のエピソードを聞かれても言葉少なめに「しっかりしていました」と繰り返すなど、この日も寡黙ぶりを発揮。松田が話しづらそうに「すごくマイクが大きくて……」と堀北のマイクと比べる一幕もあり、これには堀北がサラリと「同じ大きさですよ」と突っ込みを入れるなど、マイペースな松田とシャキシャキした堀北との軽快なやり取りで笑いに包んでいた。

 そんな二人について、吉田監督は「堀北さんはスイッチの切り替えも早くてセリフもババッと言う、いかにも女優さんという感じ」と絶賛。松田についても「独特の空気感やセリフの間があって、それが麦子とのギャップによく表現されていて面白かった」と回顧するなど、二人のほのぼのした兄妹ぶりを満足そうに明かしていた。

 同作は、『純喫茶磯辺』『さんかく』など独特なセンスで注目を浴びる吉田監督が、構想に7年をかけたハートフル・ドラマ。納骨のために亡き母の故郷を訪れたヒロインが、町の人々との交流を経て母の知られざる一面に触れ、それまでとは違う母に対する思いを抱いていく。(中村好伸)

映画『麦子さんと』は12月21日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 10月
  4. 28日
  5. 松田龍平はおしゃべり好き?堀北真希がギャップを暴露