シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

桜庭ななみ、後輩・竹富聖花のビンタにショック!本当に痛かった…と振り返る

桜庭ななみ、後輩・竹富聖花のビンタにショック!本当に痛かった…と振り返る
劇中のビンタ合戦を振り返った竹富聖花(左)と桜庭ななみ(右)

 女優の桜庭ななみが26日、都内で行われた映画『人狼ゲーム』の初日舞台あいさつに出席し、劇中で同じ所属事務所の後輩である竹富聖花と平手を打ち合うシーンがあることを明かした上で、「あれは本当に痛かった!」と冗談交じりにコメントした。この日は他に、太賀、岡山天音、大沢ひかる、梶原ひかり、藤原薫、平埜生成、藤井美菜、熊坂出監督が登壇した。

 同じ事務所に所属する先輩後輩である桜庭と竹富は、本作では熊坂監督からリアルな演技を求められ、劇中、2人で平手打ちを打ち合うシーンに挑戦。桜庭が「あれは本当に痛かった!」と悲鳴交じりの感想を述べると、竹富は「でも、桜庭さんも2発、やり返してきました」と強気の姿勢を崩さず。思わず熊坂監督がなだめるように「2人とも自分の想像をはるかに上回る芝居をしてくださいました」とフォローを入れると、会場は笑いに包まれた。

 現場で熊坂監督から「座長」と呼ばれていたという桜庭は充実感をにじませると、「あまり経験していないことが多く難しい役でした。でも、監督がリアルな表現をしてほしいということで、そのときの感情で思うように演技をすることができました」ときっぱり。「皆さんにこの映画を観て、何かを感じてもらえたらうれしい」と映画をアピールした。

 また、熊坂監督は本作について「世の中にあってもなくてもいいものにだけはしたくなかった」と思いを明かすと、「ちゃんとしたものを作りたかった。クランクインのときは出演者全員の代表作になればいいなって思いながら撮影に臨みました」と振り返っていた。

 映画『人狼ゲーム』はヨーロッパ発祥の同名パーティーゲームを題材にしたシチュエーションサスペンス。学校から帰る途中、何者かに拉致された10人の高校生が、命懸けの心理ゲームに挑むさまが描かれる。(取材・文 名鹿祥史)

映画『人狼ゲーム』は新宿武蔵野館他で全国公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 10月
  4. 26日
  5. 桜庭ななみ、後輩・竹富聖花のビンタにショック!本当に痛かった…と振り返る