シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

『司祭』『フェイス』のアントニア・バード監督が54歳で死去

『司祭』『フェイス』のアントニア・バード監督が54歳で死去
アントニア・バード監督 - WireImage / Getty Images

 イギリス出身の女性監督アントニア・バードさんが、病気のため54歳で亡くなったとVarietyなど複数媒体が伝えた。

 映画『司祭』『フェイス』『ラビナス』に出演しているロバート・カーライルは、自らのツイッターに「今日はとても悲しい日だ。アントニア・バードの冥福を祈ります。さようなら、僕の美しい友人よ」とコメント。また、バード監督が手掛けたBBCのテレビドラマ「ザ・ヴィレッジ(原題) / The Village」に出演、映画『ヒューマン・トラフィック』などでも知られるジョン・シムも、同じくFacebookで、「昨日、とても悲しい知らせを受け取った。素晴らしいアントニア・バードが亡くなった。類いまれな、インスピレーションに満ちた美しい魂の持ち主。アントニアの冥福を祈ります」とメッセージを書いている。

 バード監督はこれまで、BAFTAやベルリン国際映画祭などで賞に輝いており、国際的に広く評価されてきた。演劇の監督としてキャリアをスタートさせたバード監督は、映画界のみならず、「イーストエンダーズ(原題) / EastEnders」などのテレビシリーズでも活躍、多岐にわたる才能を発揮した。

 心よりご冥福をお祈りしたい。(鯨岡孝子)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 10月
  4. 28日
  5. 『司祭』『フェイス』のアントニア・バード監督が54歳で死去