シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

豪華キャストからの愛情あふれるメッセージに感激! 三谷幸喜が役者に愛される理由とは?

豪華キャストからの愛情あふれるメッセージに感激! 三谷幸喜が役者に愛される理由とは?
みんな三谷監督が大好きです! - 写真:金井尭子

 三谷幸喜監督が約17年ぶりに書き下ろした小説を映画化した『清須会議』に出演している役所広司、大泉洋、小日向文世、佐藤浩市、妻夫木聡、寺島進、伊勢谷友介、鈴木京香、中谷美紀、剛力彩芽、坂東巳之助、総勢11名のキャストたちが三谷監督への思いを語った。

 男優陣からは、「監督の現場を今回も本当に楽しませてもらいました!」と話した主役の役所広司を筆頭に、「ステキな作品をありがとうございます!」(小日向)、「自分にこういう役ができるという自信を監督からいただきました」(寺島)、「あっという間に撮影が終わってしまったので、もっと一緒にやりたかったです」(伊勢谷)、「三谷組はとても居心地がよく、と同時に身の引き締まるような現場でした」(坂東)と感謝の気持ちが次々と寄せられた。

 また、「自分で演じているのに言うのも変ですけど、ずるい男だし、嫌なところもいっぱいあるんだけれども嫌いになれない役になりました」(大泉)、「もがいていた男が最後には、大人の男に帰結する。そんなお土産をくれた三谷監督はズルいぞと思いました」(佐藤)、「またバカをやらせてください!」(妻夫木)と、監督に与えられた役柄への愛情が伝わるコメントも。

 女優陣からは、「かわいらしい一面を持った新たな寧が誕生したのも、三谷さんのおかげです」(中谷)、「今回、三谷組に参加できて本当に幸せです」(剛力)、と三谷組に参加できたことの喜びの思いがあふれ、お歯黒姿でお市様を演じた鈴木からは「天下、取ってくださいね」という三谷監督への激励の言葉も贈られた。

 キャストたちからのメッセージを読んだ三谷監督は、「今回、役者の皆さんが『清須会議』の現場を楽しんでくれていたことがわかり、とても幸せな気持ちです。僕は、自分の映画に出演した俳優さんが評価されるのが一番うれしいので、撮影中は、彼らがいかに魅力的に見えるか、いつも心掛けて演出しているんです」とコメント。
 
 役者に愛される監督・三谷と役者たちとの関係からは、お互いへの絶対的な信頼が伝わってくる。それは、「当て書き」の多い三谷監督だからこその役者への愛情が現場に流れているからだろう。三谷監督は「この作品はあらゆる登場人物にドラマがある群像劇です。全てのキャストに僕の思いが詰まっています。ぜひ、映画館の大きなスクリーンで彼らの演技を堪能してほしいです」と観客に向けてメッセージを送った。(編集部・森田真帆)

映画『清須会議』は公開中


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 11月
  4. 12日
  5. 豪華キャストからの愛情あふれるメッセージに感激! 三谷幸喜が役者に愛される理由とは?