シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

アレック・ボールドウィンのストーカーに禁固刑

アレック・ボールドウィンのストーカーに禁固刑
アレック・ボールドウィン - Theo Wargo / WireImage / Getty Images

 アレック・ボールドウィンのストーカー女性が裁判中に何度も大声を出したため、裁判官から禁固30日の実刑判決を言い渡された。

 TMZ.comによると、フランス系カナダ人女優のジェネヴィーヴ・サボーリンは証言台に立ったアレックが、2010年に食事をした後に彼女と性的関係を持ったこと、2002年にも会ったことがあることを否定すると、「うそつき病を患っている!」と大声を出し、裁判官から注意を受けたという。

 ジェネヴィーヴは、英語が理解できない時があるため、法廷で発言するのは許されるべきだと反論。彼女は裁判中、アレックのアパートのドアマンをやじったほか、自分の弁護士をも怒鳴りつけ、裁判官の怒りを買ったようだ。

 裁判では、アレックと一緒に暮らすため、自分をニューヨークに引っ越させなければ、キム・ベイシンガーとの泥沼の離婚劇よりもひどい争いを展開してやると脅したことも明らかにされたという。

 証拠として提出されたメールには、「あなたはキムと延々と終わることのない、ひどい争いを続けてきた。わたしとも同じような関係にしたいの?」と書かれている。

 今週中にはアレックの妻ヒラリア・トーマスが証言台に立つことになっている。(BANG Media International)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 11月
  4. 16日
  5. アレック・ボールドウィンのストーカーに禁固刑