シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ジェニファー・ローレンスが映画プロデューサーデビュー!

ジェニファー・ローレンスが映画プロデューサーデビュー!
ジェニファー・ローレンス、プロデューサーデビュー! - Vera Anderson / WireImage / Getty Images

 映画『世界にひとつのプレイブック』でアカデミー賞主演女優賞に輝いたジェニファー・ローレンスが、映画のプロデュースに初挑戦することになった。CTV Newsなど多数メディアが伝えた。

 ローレンスがプロデューサーを務めるのは、主演での出演が決まっているジャネット・ウォールズによる小説「ガラスの城の子どもたち」の映画化作品『ザ・グラス・キャッスル(原題) / The Glass Castle』。

 ローレンスは、この本に心奪われた母親の強い勧めで、作品の存在を知るに至ったという。「わたしはどちらかといえば、言葉で説明するより、感性で動くタイプの人間だから、プロデューサーとして力があるかどうかわからないけれど、映画製作はいつかやってみたい仕事だった」とコメント。

 本作は、アーティストの母親とアル中の父親による育児放棄により、機能不全に陥った家庭で育った作家の半生を描いた作品。監督には、映画『ショート・ターム 12(原題)/ Short Term 12』のデスティン・クレットン。他キャストは未定。(鯨岡孝子)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 11月
  4. 18日
  5. ジェニファー・ローレンスが映画プロデューサーデビュー!