シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

赤西仁が小ボケ「赤西仁でござる」 『47RONIN』キアヌ来日会見で

赤西仁が小ボケ「赤西仁でござる」 『47RONIN』キアヌ来日会見で
赤西仁ら日本人キャストと共に来日記者会見を行ったキアヌ・リーヴス

 元KAT-TUNの赤西仁が18日、ザ・リッツ・カールトン東京で行われたハリウッドデビュー作『47RONIN』の来日記者会見に出席。ひょうひょうとした態度で登場するや、「赤西仁でござる」といきなり小ボケをかまし、意表を突いた。

 主演のキアヌ・リーヴスとカール・リンシュ監督の来日に合わせて行われたこの日の会見。赤西はハリウッドで自ら志願してオーディションに参加し、大石内蔵助の息子であり、キアヌ演じるカイの親友でもある大石主税役を射止めたが、撮影について「セットとかがものすごく、お城を作ってしまうくらいのもので、びっくりした。最初は緊張したけど、監督もキアヌもやりやすい環境を作ってくれた。とても感謝している」とコメント。

 赤西と同じく、今作でハリウッドデビューを飾った柴咲コウも、「最初は緊張したけど、カールがうまく導いてくれて、物語に溶け込むことができた」と笑顔を見せ、「本当だったら縮こまってしまうところなのに、うまく感情表現できたと思います」と演技にも自信を見せた。

 浅野忠信は「日本の歴史をアメリカ人が撮るのは興味深いなと思って撮影に挑んだ。しかも浅野家の物語、吉良(上野介)の役。僕にしか演じられない吉良を演じられたと思う」。リンシュ監督も「『忠義』『復讐(ふくしゅう)』『あきらめない心』は普遍的なもの。世界中の人が楽しめる作品を作れたと思う」と自信をのぞかせ、菊地凛子も言葉少なながら「大変面白い作品になっていると思います。皆さん楽しんでいただけたらうれしい」とほほ笑んだ。

 『47RONIN』は世界的スター、キアヌ・リーヴスを主演に迎え、歌舞伎や映画、ドラマなどで不動の人気を誇る「忠臣蔵」を大胆にアレンジしたアクションファンタジー。(取材・文:名鹿祥史)

映画『47RONIN』は12月6日より全国公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 11月
  4. 18日
  5. 赤西仁が小ボケ「赤西仁でござる」 『47RONIN』キアヌ来日会見で