シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ブリタニー・マーフィさんの死因に疑問 毒物検出か?

ブリタニー・マーフィさんの死因に疑問 毒物検出か?
毒物検査の結果が明らかになったブリタニー・マーフィさん

 2009年に自宅で亡くなった女優ブリタニー・マーフィさんの死因が、発表されている肺炎と貧血症によるものではなく、毒物の可能性が出てきた。

 ブリタニーさんの父親アンジェロ・ベルトロッティ氏は娘の死因に納得できず、検査不十分で、ロサンゼルス市警察とロサンゼルス検死局を訴えようとしたが、訴訟は棄却されたと報じられていた。しかし、ベルトロッティ氏は、コロラド州にある研究所、ザ・カールソン・カンパニーに髪などを送り、独自に毒物検査を依頼したそうだ。

 その結果、10種類の重金属が検出され、いずれもWHO(世界保健機関)が高レベルと定めている数値を超えていたとのこと。これらの重金属は一般的に殺鼠剤、農薬、殺虫剤に含まれているものだという。

 この件についてロサンゼルス検死局は、当初の死因を変える予定はなく、また民間の研究所での検査結果についてはコメントできないとThe Huffington Postに伝えている。(BANG Media International)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 11月
  4. 19日
  5. ブリタニー・マーフィさんの死因に疑問 毒物検出か?