シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ディカプリオが破滅への道をひた走る!人生玉砕覚悟、念願のオスカーへ!

ディカプリオが破滅への道をひた走る!人生玉砕覚悟、念願のオスカーへ!
映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』ポスタービジュアル - (C) 2013 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

 レオナルド・ディカプリが巨匠マーティン・スコセッシ監督と5度目のタッグを組んだ映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』の予告編が公開され、その突き抜けた演技が明らかになった。これまで何度も有力候補に挙げられながら、そのたびに逃してきた悲願の初オスカーを懸けた、一世一代の大演技だ。

 同作は、実在の株式ブローカーであるジョーダン・ベルフォートの回想録を映画化した実録ドラマ。学歴もコネも貯金もない状態から億万長者へと成り上がり、「ウォール街のウルフ」と呼ばれるようになった男の栄枯盛衰を描いている。狂乱のウォール街を舞台にしているだけあって、ディカプリオの弾けっぷりもすさまじく、予告編ではピンヒールで踏みつけられ、札束をゴミのように扱うさまがたっぷり映し出されている。

 その真骨頂が、予告編の中盤、プールサイドでマイク片手にパフォーマンスする場面だろう。この世の栄華を極めてしまったかのような恍惚(こうこつ)の表情から一転、次のシーンでは破滅へのカウントダウンが始まるなど、その演技の振り幅にも注目。美少年俳優として脚光を浴びたディカプリオももうアラフォー。大人の渋みをにじませた熱演に期待したい。

 また、ディカプリオだけでなく、脇を固める俳優陣には『マネーボール』のジョナ・ヒル、『マジック・マイク』のマシュー・マコノヒー、『アーティスト』のジャン・デュジャルダンといった実力派が集結。それぞれの色を遺憾なく発揮しており、その豪華共演に、映画ファンならば胸が高鳴るはずだ。

 監督は『グッドフェローズ』『カジノ』といった往年の作品に代表されるように、一人の男の成功から破滅までを描かせたら右に出る者のいないマーティン・スコセッシ。ディカプリオと初タッグを組んだ2002年の『ギャング・オブ・ニューヨーク』から11年、円熟味を増したコンビの新たな代表作だ。(編集部・福田麗)

映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』は2014年1月31日より新宿ピカデリーほかにて全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 11月
  4. 28日
  5. ディカプリオが破滅への道をひた走る!人生玉砕覚悟、念願のオスカーへ!