シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

Amazonが映像配信サービスを開始!国内外の映画・テレビ作品2万6,000本以上を取りそろえ

Amazonが映像配信サービスを開始!国内外の映画・テレビ作品2万6,000本以上を取りそろえ
映像配信サービス「Amazonインスタント・ビデオ」ストア - 画像はスクリーンショット

 大手通販サイトのAmazon.co.jpが26日、映像配信サービス「Amazonインスタント・ビデオ」ストアをオープンした。東宝や松竹といった映画会社から、テレビ朝日・TBSといったテレビ局まで、2万6,000本を超える国内外の作品をそろえている。

 同サービスには、国内の映画会社5社、ハリウッドスタジオ6社、テレビ局8社、アニメ会社5社、レコード会社3社、芸能事務所2社、映画配給会社4社がコンテンツを提供。レンタルは100円から、購入は1,000円からとなっており、レンタル・購入したコンテンツはAmazon.co.jpのサイト上、もしくはAmazonのタブレット「Kindle Fire」シリーズで楽しむことができる。

 また、オンライン映像配信サービスとしては日本で初めてドルビーデジタルプラスに対応。新しいKindle Fire HDとKindle Fire HDXにはドルビーデジタルプラスが搭載されているため、上記機種ならばコンテンツから視聴機器まで、一貫したプレミアムオーディオを体験することができる。

 サービス開始にあたっては、『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』などの人気映画が100円(HDの場合は200円)でレンタルできるキャンペーンを実施している。

 アマゾン ジャパン株式会社代表取締役社長のジャスパー・チャン氏は、「『Amazonインスタント・ビデオ』ストアを通じて、幅広い映像コンテンツを手ごろな値段で簡単に視聴いただけるようになり、日本のお客様により多くの選択肢をご提供できることを大変うれしく思います」とコメント。Amazonの参入により、日本の配信ビジネスがどのように変化するのかにも注目だ。(編集部・福田麗)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • アマゾンの映像配信サービスがスタート from Passion Fruit −情熱の果実− (2013年11月29日 0時21分)
    日本に進出した当時は「本」の通信販売会社のアマゾンでしたが、その後 商品の種類は拡張し続けて、生鮮食品からアダルト系まで扱う総合通販の サイトになりましたが、いよいよ今度は映像配信サービスを開始したこと で、取り扱いのないのは旅行ぐらいという感じになりました。 映像配信サービスの名称は「Amazonインスタント・ビデオ」ストアで東宝 松竹などの日本のメジャー映画会社から、テレビ朝日・TBSなどの在京 キー局のテレビ局まで、約2万6千本の映像作品が準備されています。 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 11月
  4. 28日
  5. Amazonが映像配信サービスを開始!国内外の映画・テレビ作品2万6,000本以上を取りそろえ