シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

サンドラ・ブロック、宇宙ステーションに電話して役づくり!『ゼロ・グラビティ』撮影秘話

サンドラ・ブロック、宇宙ステーションに電話して役づくり!『ゼロ・グラビティ』撮影秘話
『ゼロ・グラビティ』のサンドラ・ブロック - (C) 2013 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.

 オスカー女優サンドラ・ブロックと、映画『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』などのアルフォンソ・キュアロン監督がタッグを組み、スペースシャトルの大破により宇宙空間に放り出された宇宙飛行士と科学者の決死のサバイバルを描く超大作『ゼロ・グラビティ』。宇宙での作業中、事故に遭い、懸命に生還を試みるライアン・ストーン博士を演じた主演のサンドラが、早くもアカデミー賞の呼び声高い本作への思いを語った。

 「『天国の口、終りの楽園。』を観て以来、脚本をもらうたびにアルフォンソ・キュアロンがこれをやると思う? と言うのが、わたしのジョークだったの(笑)」とキュアロンとのタッグを待ち望んでいたというサンドラ。監督が開発した最新テクノロジーで驚くほどリアルな宇宙映像が実現したが、「わたしは撮影中、真っ暗な箱の中に一人きりでいたのよ」と過酷な撮影を振り返る。

 演じたストーン博士のことは、「彼女は子どもを失ったとき、人生における全てのエモーションや愛を失ってしまったの。そういう人は子どもを失ったことを思い出させる全てのものを取り除くだろうと思ったわ。まるでロボットのようになるのよ」と分析。「そういう女性が再び何かを気に掛けるようになるには、一体何が起きないといけないのか? 彼女の旅路や、子どもを失うということを毎日考えるのはとてもクレイジーなことだったわ」と苦労を明かした。

 また、リサーチのために国際宇宙ステーション(ISS)に電話をかけ、女性飛行士と話をしたというサンドラ。「宇宙で人はどのように動くのかを知りたかったの。体が風船に囲まれていて、その風船を押しながら動くようにすればいいと教わったわ。いろいろと聞けてとても助かった。スタッフの写真をギフトとして彼女たちにメールしたのよ」と笑う。

 一方、無名時代からの友人で、本作でベテラン宇宙飛行士を演じている共演のジョージ・クルーニーについては「彼は、現場に楽しさやユーモアを持ち込んでくれたわ」と絶賛。今も空を飛ぶのが苦手で「宇宙には行きたくない」というサンドラだが、「(本作に出演して)大きな宇宙で、わたしたちがどれほど小さな存在かを痛感したわ。でも、自分を解き放つことができれば、人生は本当に素晴らしいものになるのよ」と熱く語っていた。(取材・文:吉川優子)

映画『ゼロ・グラビティ』は12月13日より3D / 2D同時公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 12月
  4. 11日
  5. サンドラ・ブロック、宇宙ステーションに電話して役づくり!『ゼロ・グラビティ』撮影秘話