シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

綾瀬はるか、ルーヴル美術館の係員と直接交渉して「モナ・リザ」を特別に鑑賞

綾瀬はるか、ルーヴル美術館の係員と直接交渉して「モナ・リザ」を特別に鑑賞
日本映画史上初となるルーヴル美術館でのロケ! - 綾瀬はるか&松坂桃李 - (C)2014映画「万能鑑定士Q」製作委員会

 綾瀬はるか&松坂桃李共演の映画『万能鑑定士Q −モナ・リザの瞳−』で、日本映画史上初となるルーヴル美術館でのロケが行われたことがわかった。「モナ・リザ」が所蔵されていることで有名なルーヴル美術館だが、映画の撮影許可が下りることはごくまれ。本格的な撮影が行われたのは、トム・ハンクス主演映画『ダ・ヴィンチ・コード』(2006)以来のことになる。

 事前に撮影場所と撮影順を提出することを求められたルーヴル美術館での撮影は、撮影場所以外のエリアはスタッフの立ち入りが制限され、トイレに行く際もルーヴル美術館の係員が誘導するという徹底ぶり。当初は「モナ・リザ」の間への立ち入りも制限されていたが、綾瀬が自ら係員と交渉すると何と「OK」。通常時よりもさらに間近で「モナ・リザ」を鑑賞することができたという。

 綾瀬は「ルーヴル美術館で撮影ができて、とても貴重な時間を過ごせました。その中でも、本物の『モナ・リザ』を見ることができたのがよかったです」と大喜び。「本物の『モナ・リザ』は少しトーンが落ちているように見えました。飾られている場所は別格で、やはり特別な絵なんだと感じられました」と間近で名画を鑑賞した感想を口にしている。

 映画『万能鑑定士Q −モナ・リザの瞳−』は、松岡圭祐の人気ミステリー「万能鑑定士Qの事件簿IX」の実写化作品。ルーヴル美術館の臨時学芸員に選ばれたヒロイン・莉子(綾瀬)と彼女を取材する小笠原(松坂)のコンビが、「モナ・リザ」に隠された謎や真贋(しんがん)に迫る姿を描く。パリでのロケは11月26日から29日まで、ルーヴル美術館のほか、凱旋門やオペラ座前、芸術橋、ポンヌフ橋、ホテルロウゾンで行われた。(編集部・市川遥)

映画『万能鑑定士Q −モナ・リザの瞳−』は2014年5月31日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 12月
  4. 12日
  5. 綾瀬はるか、ルーヴル美術館の係員と直接交渉して「モナ・リザ」を特別に鑑賞