シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

作家・中沢けい、初の映画化作品『楽隊のうさぎ』にしみじみ 仕上がりに太鼓判

作家・中沢けい、初の映画化作品『楽隊のうさぎ』にしみじみ 仕上がりに太鼓判
原作者の中沢けいから太鼓判を押してもらった本作の鈴木卓爾監督、宮崎将、山田真歩、磯田健一郎(左から)

 14日、渋谷ユーロスペースで行われた映画『楽隊のうさぎ』初日舞台あいさつに鈴木卓爾監督、宮崎将、山田真歩、そして音楽監督の磯田健一郎が来場し、感慨深い様子を見せた。

 本作は中沢けいの人気小説を原作に、引っ込み思案の中学生が吹奏楽部に入部することで、音楽の面白さに夢中になっていく姿を描いた青春映画。劇中に登場する46人の吹奏楽部の生徒はオーディションで選出。演技経験のある子もない子も、そして楽器の演奏ができる子もできない子も、全員が約1年かけて練習に励み、「花の木中吹奏楽部」を見事に再現した。

 そんな足掛け2年近くにもおよぶプロジェクトがようやく完成し、東京での初日を迎えたことについて鈴木監督は「本当に長い時間をかけて、一つの吹奏楽部を作り上げ、それをどう僕たちが見つめることができるのか。どういう響きができるのか。壮大な実験のような、壮大な映画作りになりました」と晴れ晴れとした表情を浮かべた。

 この日の客席には、原作者の中沢の姿も。司会者からあいさつを求められた中沢は「いつも映画を観ているこの劇場で、何であいさつをしているのか不思議です」と照れくさそうに切り出すと、初の映画化となった本作について「すごくいい映画を作っていただいたと思います。映画と小説は別物だと思えと大学生の頃から言われてきました。実は映画化の企画だけで37本ほどいただいていて、予算までついたのに、著作者の権限でつぶしてしまったこともあって」と明かし、会場を笑わせた。

 続けて中沢は「鈴木監督がすごくわかっていてくれたんで、安心だなと思いました。撮影現場を見ても『わかっているなぁ』、芝居も『わかっているなぁ』と。ぜひとも皆さんに楽しんでいただければと思います」と原作者からのお墨付きを与えていた。(取材・文:壬生智裕)

映画『楽隊のうさぎ』は渋谷ユーロスペースほか全国順次公開中


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 12月
  4. 14日
  5. 作家・中沢けい、初の映画化作品『楽隊のうさぎ』にしみじみ 仕上がりに太鼓判