シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

チャーリー・シーンのマネージャー、弁護士、パブリシストが突然辞任

チャーリー・シーンのマネージャー、弁護士、パブリシストが突然辞任
恋人ブレット・ロッシーとラブラブのチャーリー・シーン

 チャーリー・シーンがアドバイスに一切耳を貸さなくなってしまったため、彼の側近だったマネージャー、弁護士、パブリシストがそろって辞めてしまったという。

 マネージャーのマーク・バーグ、弁護士のジェイク・ブルーム、パブリシストのラリー・ソルターズは長年にわたってチャーリーのために働いてきた3人だった。

 「結論から言うと、マーク、ジェイク、ラリーは、チャーリーのためにきちんとした仕事をできないと判断したんです。最近のチャーリーは何をしでかすかわからず、奇行や常軌を逸した発言が目立っていました。彼らのアドバイスにも耳を貸さなくなっていたんです」と情報筋はRadarOnline.comに語っている。

 しかし、チャーリーに近い関係者は、彼らが辞めたのではなくチャーリーが3人を解雇したのだと主張。これにはチャーリーの新恋人ブレット・ロッシーが関係しているらしい。

 「チャーリーがブレットと付き合い始めてから、彼の周辺は大混乱になりました。側近たちが彼女との交際に懸念を示したところ、チャーリーが気分を害しクビにしたんです。ブレットも彼らが自分のことを嫌い、別れさせようとしていると思っていたため、クビにすることを勧めていました。ブレットとチャーリーはまだ交際6週間ですが、ブレットがすべてを仕切っています。周囲は二人の関係が自然消滅すると思っていますが、それまでにチャーリーのキャリアはボロボロになるかもしれません」と情報筋は付け加えている。(BANG Media International)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 12月
  4. 21日
  5. チャーリー・シーンのマネージャー、弁護士、パブリシストが突然辞任