シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

第48回全米映画批評家協会賞発表! 作品賞は『インサイド・ルーウィン・デイヴィス』

第48回全米映画批評家協会賞発表! 作品賞は『インサイド・ルーウィン・デイヴィス』
『インサイド・ルーウィン・デイヴィス』を監督したコーエン兄弟 - Venturelli / WireImage / Getty Images

 56名の映画批評家(NSFC)の投票によって決定する全米映画批評家協会賞が発表され、ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン監督の映画『インサイド・ルーウィン・デイヴィス(原題) / Inside Llewyn Davis』が作品賞に選ばれた。

 同作は1961年のグリニッチビレッジを舞台にし、架空のフォーク歌手の人生を描いた作品。先日発表された全米脚本家組合賞ではノミネートを逃し驚かれたが、全米批評家協会賞での受賞は作品賞だけにとどまらなかった。

 ジョエルとイーサン・コーエンが監督賞を受賞したほか、主演のオスカー・アイザックが主演男優賞も受賞している。主演女優賞はウディ・アレンの映画『ブルージャスミン』のケイト・ブランシェットが選ばれている。

 投票をする56名の批評家のうち、すべての映画を観ていない批評家は棄権する場合もあるとのこと。2013年にアメリカで封切りされたすべての作品が対象となり、ノミネーションなしに投票が行われ、授賞式もないが、歴史の古い、名誉ある賞として知られている。(澤田理沙)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 1月
  4. 6日
  5. 第48回全米映画批評家協会賞発表! 作品賞は『インサイド・ルーウィン・デイヴィス』