シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

KAT-TUN上田は真面目!蜷川幸雄も大絶賛

KAT-TUN上田は真面目!蜷川幸雄も大絶賛
左から、蜷川幸雄、鈴木杏、井上芳雄、勝村政信

 男性アイドルグループ・KAT-TUNの上田竜也主演の舞台「冬眠する熊に添い寝してごらん」フォトコール&囲み取材が8日、渋谷のBunkamuraシアターコクーンで行われ、上田の芝居を演出の蜷川幸雄が絶賛した。この日はほかに井上芳雄、鈴木杏、勝村政信が出席した。

 ミュージシャンやダンサーとのコラボなど、革新的な活動で多方面に熱狂的なファンを持つ作家・古川日出男が書き下ろした戯曲を蜷川が演出する同作。100年の時代を越えて語られる伝説の熊猟師と熊、そして犬の聖なる戦いを縦軸に、奇妙な家訓がある良家で育った川下兄弟と女詩人による愛と憎しみのドラマが繰り広げられる。本作の戯曲を手にした蜷川は「戯曲が理解できなくて大変でした。でもその分、頑張ったから面白いですよ」と手応えを明かした。

 今回初タッグとなる上田について、蜷川は「だいたいが意志が強そうでしょ。目つきも悪いし。昨日初めて通し稽古をしたんだけど、ジャニーズの人って真面目なんですよね。上田君も廊下で稽古をしたりしていましたが、昨日の芝居の後は『おー、才能あるな、お前』と思いましたよ。だいたい演出家というのは意地悪だから、売れている人はあまり褒めないんだよ。でも(上田は)そういうものを超えていいですよ。狂気がすごいです」と賛辞を惜しまなかった。

 当の上田も「(芝居で)狂気を出せば出すほど楽しくなってくるというか。もしかしたら素の自分にもちょっとは(狂気の部分が)あるんでしょうね」とまんざらでもない様子。上田に芝居のアドバイスをしていたという勝村が「お金を払ってほしかったけどね」と軽口を叩くと、上田は「二人がいなかったら危なかったですね。だからお金を払おうと思っています」と評判通りの真面目さを見せていた。

 そんなキャスト陣のやりとりを笑顔で見守っていた蜷川だが、蜷川といえば、かつてはけいこ場で灰皿を投げたという伝説の持ち主。そのことを踏まえて「今回はけいこ場で何も飛びませんでしたか?」と呼び掛けられると、「しねえよ!」と即答し、周囲を沸かせていた。(取材・文:壬生智裕)

舞台「冬眠する熊に添い寝してごらん」は渋谷のBunkamuraシアターコクーンにて1月9日から2月1日まで上演


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 1月
  4. 8日
  5. KAT-TUN上田は真面目!蜷川幸雄も大絶賛