シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

英国アカデミー賞ノミネーション発表!『ゼロ・グラビティ』が最多11部門

英国アカデミー賞ノミネーション発表!『ゼロ・グラビティ』が最多11部門
最多11部門ノミネートの映画『ゼロ・グラビティ』 - (C) 2013 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.

 現地時間8日、アカデミー賞の行方を占うとされる第67回英国アカデミー賞(BAFTA)のノミネーションが発表された。最多ノミネートはアルフォンソ・キュアロン監督の映画『ゼロ・グラビティ』で、作品賞、監督賞、主演女優賞、撮影賞、脚本賞、視覚効果賞、音響賞、音楽賞、美術賞、編集賞、英国作品賞の11部門となっている。

 これに続くのがスティーヴ・マックィーン監督の『それでも夜は明ける』とデヴィッド・O・ラッセル監督の『アメリカン・ハッスル』で、それぞれ10部門でノミネート。中でもクリスチャン・ベイル、エイミー・アダムス、ブラッドリー・クーパー、ジェニファー・ローレンスが出演する『アメリカン・ハッスル』は4つの俳優部門全てでノミネートされている。授賞式は2月16日に行われる。(編集部・市川遥)

第67回英国アカデミー賞 主な部門のノミネーションは以下の通り

■作品賞
『それでも夜は明ける』
『アメリカン・ハッスル』
『キャプテン・フィリップス』
『あなたを抱きしめる日まで』
『ゼロ・グラビティ』

■監督賞
ポール・グリーングラス『キャプテン・フィリップス』
デヴィッド・O・ラッセル『アメリカン・ハッスル』
スティーヴ・マックィーン『それでも夜は明ける』
マーティン・スコセッシ『ウルフ・オブ・ウォールストリート』
アルフォンソ・キュアロン『ゼロ・グラビティ』

■主演男優賞
レオナルド・ディカプリオ『ウルフ・オブ・ウォールストリート』
クリスチャン・ベイル『アメリカン・ハッスル』
キウェテル・イジョフォー『それでも夜は明ける』
ブルース・ダーン『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』
トム・ハンクス『キャプテン・フィリップス』

■主演女優賞
エイミー・アダムス『アメリカン・ハッスル』
エマ・トンプソン『ウォルト・ディズニーの約束』
ケイト・ブランシェット『ブルージャスミン』
サンドラ・ブロック『ゼロ・グラビティ』
ジュディ・デンチ『あなたを抱きしめる日まで』

■助演男優賞
マット・デイモン『恋するリベラーチェ』
ブラッドリー・クーパー『アメリカン・ハッスル』
バーカッド・アブディ『キャプテン・フィリップス』
ダニエル・ブリュール『ラッシュ/プライドと友情』
マイケル・ファスベンダー『それでも夜は明ける』

■助演女優賞
ジェニファー・ローレンス『アメリカン・ハッスル』
ジュリア・ロバーツ『8月の家族たち』
ルピタ・ニョンゴ『それでも夜は明ける』
サリー・ホーキンス『ブルージャスミン』
オプラ・ウィンフリー『大統領の執事の涙』

■アニメーション作品賞
『怪盗グルーのミニオン危機一発』
『アナと雪の女王』
『モンスターズ・ユニバーシティ』


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 1月
  4. 8日
  5. 英国アカデミー賞ノミネーション発表!『ゼロ・グラビティ』が最多11部門