シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

鈴木京香、結婚報道にはノーコメント 報道後初の公の場

鈴木京香、結婚報道にはノーコメント 報道後初の公の場
結婚報道後初めて公の場に登場した鈴木京香

 女優の鈴木京香が11日、丸の内ピカデリーで行われた映画『ジャッジ!』の初日舞台あいさつに出席した。年明けに一部で俳優・長谷川博己との年内結婚が報道された鈴木は、この日が報道後初の公の場。退場時には報道陣から結婚についての質問が投げかけられたが、無言で会場を後にした。

 同作は世界一の広告祭を舞台に、さえない広告マン・太田喜一郎(妻夫木聡)が、自社CMのグランプリ獲得を目指して奔走するさまを描いたコメディー映画。夜ごと開催されるパーティーには同伴者がいなければならないことから、同僚の大田ひかり(北川景子)とニセ夫婦として臨む姿をコミカルに描く。

 舞台あいさつには鈴木のほかに妻夫木聡、北川景子、豊川悦司、脚本の澤本嘉光、永井聡監督も出席。ダメ男な主人公を好演し、劇中でパンツ1丁の姿も披露している妻夫木は、MCから「ハマリ役」と絶賛されると「僕がバカみたいな言い方やめてください。実際はもうちょっとちゃんとした大人です」と笑いながら否定してみせた。

 とはいえ、これまで『清須会議』でのバカ殿役やトヨタ自動車CMののび太役など、数々のダメ男にふんしてきただけに、妻夫木は「僕の原点の『ウォーターボーイズ』でも裸で踊っていたので、今回はダメ男ぶりの集大成として気合いを入れて演じさせていただきました」と自虐的にアピールした。

 さらに、パンツ1丁のシーンの感想を求められると、妻夫木は拍手で沸く会場に「何て答えたらいいんですか? 快感とでも言えばいいんですか?」と照れ笑いしつつも、「この年にまでなってパンツ1丁で出られるキャラをやらせてもらえることはうれしいことで、40歳になっても裸で出られる役をやりたい」とコメント。北川やMCから「素晴らしかったですよ」「腹筋割れていましたよね」と褒められると、妻夫木は「割れていないですよ。山田洋次監督からも『君は普通の体でいいね』って褒められました」と謙遜していた。(中村好伸)

映画『ジャッジ!』は公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 1月
  4. 11日
  5. 鈴木京香、結婚報道にはノーコメント 報道後初の公の場