シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ジェニファー・ローレンスは『ハンガー・ゲーム』シリーズの奴隷

ジェニファー・ローレンスは『ハンガー・ゲーム』シリーズの奴隷
ジェニファー・ローレンス(右)の忙しさにデヴィッド・O・ラッセル監督も心配 - John Sciulli / Getty Images

 映画『アメリカン・ハッスル』のデヴィッド・O・ラッセル監督が、映画『ハンガー・ゲーム』シリーズによるジェニファー・ローレンスの扱いを奴隷のようだと語った。

 ゴールデン・グローブ賞で作品賞を受賞した奴隷制を扱った映画『それでも夜は明ける』を持ち出したラッセル監督は、「まさに『ハンガー・ゲーム』フランチャイズは奴隷制だよ。彼らはジェニファーに一息つけるだけの余裕を与えるべきだ。すでにすごい金額を儲けているんだし、彼女も生身の人間なんだ」とジェニファーを気遣った。

 ラッセル監督は、映画『世界にひとつのプレイブック』でもジェニファーを起用しているが、彼女の働かされ方が心配で仕方がないらしい。「『ハンガー・ゲーム』側は、彼女をハムスターの回し車に乗せているかのように働かせ続けている。彼女は『アメリカン・ハッスル』の撮影で休暇を過ごしたんだ」と付け加えた。

 ジェニファーは現在、『ハンガー・ゲーム』シリーズの3作目と4作目を撮影中だが、昨年11月には過労のため病院で治療を受けている。(BANG Media International)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 2月
  4. 1日
  5. ジェニファー・ローレンスは『ハンガー・ゲーム』シリーズの奴隷