シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

Hey!Say!JUMP八乙女、犬童一心監督の絶賛に大テレ

Hey!Say!JUMP八乙女、犬童一心監督の絶賛に大テレ
玉城ティナと八乙女の才能を絶賛した犬童一心監督

 アイドルグループHey!Say!JUMPの八乙女光が17日、東京・秋葉原で行われた深夜ドラマ「ダークシステム 恋の王座決定戦」(TBS系)の完成披露試写会に出席し、犬童一心監督から俳優としてのポテンシャルの高さを絶賛された。この日はほかに玉城ティナ、弓削智久も来場した。

 八乙女が初の単独主演を務める本作は、八乙女演じる非モテ男子が、愛する女性を手に入れるべく恋のライバルたちとし烈な戦いを繰り広げるコメディードラマ。幸修司の自主制作映画『ダークシステム 【完全版】』が原案となっており、幸自身が脚本を担当。さらに映画『ジョゼと虎と魚たち』で知られる犬童一心が監督・企画・シリーズ構成を務める。

 初タッグの八乙女について「彼は最高ですよ」と切り出した犬童監督は「こんなにスキルが高いとは思っていなかった。あまりにもすごいので、だんだん要求が高くなっていったんですけど、それにも答えてくれるので楽しくなってきて」とコメント。「アクションもすごいんですよ。もし八乙女君と何かやらせてもらえるなら、次はアクションものをやりたいですね」と再タッグを希望する絶賛ぶりに、一方の八乙女は「ただただ照れています」と恐縮しきりだった。

 劇中では、板尾創路、弓削智久らがふんする、とにかくハイテンションなライバルたちと主人公による恋のバトルが展開。八乙女と同じHey!Say!JUMPの伊野尾慧もライバルとして登場する。犬童監督が「伊野尾くんはすごいよ。板尾さんがハイテンションで出てきても、それを乗り越えるくらいの存在感。あれはどういう才能なんだ」と驚いてみせると、八乙女は「あいつは奇跡ですね。あいつには負けちゃいかんなと思います」とライバル心をチラリ。

 そんな本作について犬童監督は「僕が小さいころに観ていたNHKの少年ドラマシリーズのような、突拍子もない設定のドラマを作りたかった。昔のドラマって作り手が自由にやっていたものが多かったんですが、このドラマでは題材や作り方に関しては自由にやらせてもらいました」とコメント。その言葉通り、普段の彼の作風とは正反対な、荒唐無稽でハイテンションなドラマが繰り広げられる。(取材・文:壬生智裕)

ドラマNEO「ダークシステム 恋の王座決定戦」は1月20日深夜24時28分よりTBS系にて放送


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 1月
  4. 17日
  5. Hey!Say!JUMP八乙女、犬童一心監督の絶賛に大テレ