シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

小林聡美&もたいまさこ、長年の信頼関係を強調!

小林聡美&もたいまさこ、長年の信頼関係を強調!
(左)もたいまさこ、(右)小林聡美

 18日、WOWOW連続ドラマ「パンとスープとネコ日和」ブルーレイ&DVD発売記念イベントがタワーレコード渋谷店にて行われ、本作で主演を務めた小林聡美、もたいまさこ、伽奈が出席した。小林ともたいは長年作品で共演する間柄だが「安心して作品に臨めた」と信頼関係の強さを強調した。

 映画『マザーウォーター』『東京オアシス』の松本佳奈監督がメガホンを撮った本作。小林やもたいをはじめ、加瀬亮や光石研、塩見三省など多くの出演者およびスタッフが顔なじみの現場はとても心地よい環境だったようで、小林は「安心して楽しみながら仕事が出来る環境」と笑顔を見せると、もたいも「スタッフやキャストがいつもの方たちだったので、リラックスして楽しめました」と柔和な表情で撮影を振り返った。

 一方の伽奈は、映画『プール』で小林やもたいと共演。その時の舞台あいさつでも緊張している姿が報道されたが、この日もやや表情は固め。司会者からの質問にも笑顔を見せるが、なかなか言葉が出ず、小林が何度もフォローするシーンが見られた。そんな伽奈だったが「毎日気持ちよく現場に入れた作品でした」と同チームの雰囲気に、心を落ち着かせて撮影に臨めたようだ。

 商店街で行われたロケはハプニングも多々あったようで小林は「実際、お店が営業しているところでの撮影だったので、隣のマッサージ店の声が聞こえてきたりと、臨場感が画面から伝わります」と面白い見方を提案すると「あまり事件が起こったりしない、いつもの感じの作品なので、そういう部分にイラっとしない、ゆとりのある人に見てもらいたいですね」と小林ならではの独特な表現で見どころを語る。もたいも「(小林演じる)主人公のアキコさんは、お母さんも仕事もなくし、生き直そうとする再生のドラマ。取り立ててすごい悲しかったり、這い上がろうとするドラマじゃないですが、人は周囲に支えられて生きているんだなって感じられるドラマです」と作品をアピールした。

 本作は、群ようこの同名小説を小林聡美、もたいまさこ出演で映画化。母と二人暮らしだったアキコ(小林聡美)は、母の突然の死と、自ら務めていた出版社での理不尽な人事異動により、母が営んでいた食堂を継ぐことを決心する。(磯部正和)

ブルーレイ&DVD「パンとスープとネコ日和」はVAPより発売中(ブルーレイ:税込9,660円、DVD:税込7,980円)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 1月
  4. 19日
  5. 小林聡美&もたいまさこ、長年の信頼関係を強調!