シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

西島秀俊、『インディ・ジョーンズ』に意欲?

西島秀俊、『インディ・ジョーンズ』に意欲?
観客からの声援に笑顔を浮かべる西島秀俊

 俳優の西島秀俊が25日、TOHOシネマズ日劇で行われた主演映画『ゲノムハザード ある天才科学者の5日間』の公開記念舞台あいさつにキム・ソンス監督と出席した。

 この日の客席には女性客が多数。大きな拍手と黄色い声援を送られた西島は、「こんなにたくさんの方に温かく迎えられて感動しています。皆さんから『良かったな』というのが伝わってすごくうれしいです」と感慨深い表情であいさつした。

 劇中では記憶を上書きされ、日本人と韓国人科学者の2つの記憶を持つ難役に挑戦。言葉や感情を2人分演じるだけではなく「記憶が混ざって完璧に2つに分かれているわけではなかった」と苦労も明かし、「監督とも『ここでこういうことが起きたので、このときはこれくらいこっちのキャラクターがいて』と全シーンチェックして撮影しました」と役づくりのバランスにも気を使ったことを説明した。

 また、トークの後半では主人公が天才科学者であることにちなみ、「もしも天才科学者になったとしたら、どんな研究をしたい?」という質問が。これに西島が「美術館で石器や土器とかを見るのが好きなので、古代文明を研究してみたい」と考古学者の夢を語ると、MCが「そこにアクションつけると『インディ・ジョーンズ』ですね。観たいですよね?」と提案。すぐさま客席から大きな拍手がわき起こり、西島もまんざらではないような笑みを浮かべていた。

 同作は司城志朗の小説「ゲノムハザード」を『美しき野』のキム・ソンス監督が映画化したサスペンス・アクション。何者かに記憶を上書きされ、別の人生を歩んでいたことに気付く天才科学者(西島)が、警察と名乗る男たちに追われながら命懸けで真実を追う姿を描く。(中村好伸)

映画『ゲノムハザード ある天才科学者の5日間』は公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 1月
  4. 25日
  5. 西島秀俊、『インディ・ジョーンズ』に意欲?