シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

2014年全米脚本家組合賞発表! 映画部門は『her/世界でひとつの彼女』が受賞

2014年全米脚本家組合賞発表! 映画部門は『her/世界でひとつの彼女』が受賞
映画『her/世界でひとつの彼女』より - Photo courtesy of Warner Bros. Pictures

 2014年全米脚本家組合(WGA)賞が発表され、オリジナル脚本賞は映画『her/世界でひとつの彼女』が受賞した。

 脚色賞はトム・ハンクス主演の映画『キャプテン・フィリップス』が選ばれ、テレビ部門ではシリーズが終了してまもない「ブレイキング・バッド」が受賞。コメディーシリーズでは「ヴィープ(原題) / Veep」、新シリーズはネット配信ドラマ「ハウス・オブ・カード 野望の階段」が選ばれている。

 今年の全米脚本家組合賞では、ノミネートされるのが確実視されていた『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』がノミネートを逃したほか、『イナフ・セッド(原題) / Enough Said』『大統領の執事の涙』も候補に挙がらず話題となった。(澤田理沙)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 2月
  4. 4日
  5. 2014年全米脚本家組合賞発表! 映画部門は『her/世界でひとつの彼女』が受賞