シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

今年の大穴!『ライド・アロング』驚きの3週連続ナンバーワン達成 -2月3日版【全米ボックスオフィス考】

今年の大穴!『ライド・アロング』驚きの3週連続ナンバーワン達成 -2月3日版
映画『アナと雪の女王』より - (C) 2014 Disney. All Rights Reserved.

 関係者ですらここまでの大ヒットになるとは予想していなかったコメディー映画『ライド・アロング(原題) / Ride Along』が、3週連続で首位獲得を成し遂げた。アメリカがお祭り騒ぎになるアメフトの王座決定戦スーパーボウルが日曜日だったため映画館への客足が鈍り、ボックスオフィスは全体的に低空飛行となったが、それでも本作は1,204万ドル(約12億400万円)を記録した。(1ドル100円計算)

 第2位は、公開11週目にしてまだ元気のあるアニメ映画『アナと雪の女王』。893万ドル(約8億9,300万円)の興収は、シング・アロング版(映画のキャラと一緒に観客も歌をうたって楽しめるバージョン)公開がランクアップの要因の一つだが、封切り後これだけたっているのにトップ5圏内にいるばかりか第5位まで落下したのに、再浮上して第2位になるということはかなりマレな現象である。

 第3位は、ザック・エフロン主演のラブコメ映画『ザット・オークワード・モーメント(原題) / That Awkward Moment』の874万ドル(約8億7,400万円)。残念ながらこれは、2,000館以上で公開されたザック出演作品におけるデビュー興収最低記録となってしまった。

 第4位は、アニメ映画『ザ・ナット・ジョブ(原題) / The Nut Job』で728万ドル(約7億2,800万円)。トップ5の最後は、戦場アクション映画『ローン・サバイバー』で710万ドル(約7億1,000万円)となった。マーク・ウォールバーグ主演でヒットしている本作は、先日トータル興収が大台1億ドル(約100億円)の域に達し、2013年に公開され大台に到達した35本目の作品となった。

 今週末公開予定の大作は3本。次回ランキングでトップ狙い確実なのがアニメ映画『LEGO(R)ムービー』。また、ジョージ・クルーニー監督・主演、マット・デイモン、ビル・マーレイ、ケイト・ブランシェット共演という豪華キャストのサスペンス映画『ミケランジェロ・プロジェクト』も強豪だ。そしてファンタジードラマ映画『ヴァンパイア・アカデミー(原題) / Vampire Academy』も控えており、『ライド・アロング(原題) / Ride Along』の首位キープはかなり危うい状態になりそう。(ロス取材・文:明美・トスト / Akemi Tosto)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 2月
  4. 5日
  5. 今年の大穴!『ライド・アロング』驚きの3週連続ナンバーワン達成 -2月3日版