シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

主演フォレスト・ウィテカーが語る『大統領の執事の涙』とは?

主演フォレスト・ウィテカーが語る『大統領の執事の涙』とは?
34年間ホワイトハウスで大統領に仕えた執事を演じたフォレスト・ウィテカー

 映画『ラストキング・オブ・スコットランド』でアカデミー賞主演男優賞を受賞した演技派俳優フォレスト・ウィテカーが、話題作『大統領の執事の涙』について語った。

 同作は、ホテル勤めだった黒人セシル(ウィテカー)が、ある日ホワイトハウスの配膳係として働く機会を得て、その後の仕事ぶりが認められ執事長になるまでの過程と、7人もの大統領に仕えていた当時の社会状況を描いたもの。34年間ホワイトハウスで歴代大統領に仕えた執事ユージン・アレンの生涯を映画化した。

 まず、ユージン・アレンのどの部分に惹(ひ)かれたのか。「ユージンは個性的で、人に影響を与えた人物だと思っている。彼はホワイトハウスで執事として仕えたが、彼のような黒人が居たことと、アフリカ系アメリカ人の公民権運動があったことで、僕ら黒人は、今日のような質の高い社会を楽しむことができている」と感謝した。

 セシル役を演じるための準備については「ユージンの執事時代をリサーチして、当時の状況を思い浮かべ、彼が過ごした日々を自分の中で自然に演じられるようにした。さらに、実際に執事になったことのある人物にコーチしてもらい、どのように配膳し、どのような概念を持って行動していたかも学んだ。それから、リー・ダニエルズ監督と(南部時代の)アクセント、さらに(34年間ホワイトハウスに仕えていたため)いかに老いていくかという過程についても話し合った」と明かした。

 セシルの妻役を演じたオプラ・ウィンフリーとの共演は「オプラと僕は長い間、共に仕事がしたいと思っていたため、今作がその素晴らしい機会となった。彼女はこの妻役を演じることと、夫役を演じた僕との関係の両方に専心していた。シーンとシーンの間でも、お互い話しながら夫婦としての関係を作り上げていたと思う。セットでも手をつないで歩いたりもしたこともあった。シーンによっては、僕がどのように演じて良いかつかめなかったときに、彼女の感情的な演技に僕がリアクションすることだけで、うまくいくときが何度もあった」とオプラを称賛した。

 映画は、執事だけでなく、時代を動かした黒人たちの生き様を余すところなく描いた秀作に仕上がっている。 (取材・文・細木信宏Nobuhiro Hosoki)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 2月
  4. 9日
  5. 主演フォレスト・ウィテカーが語る『大統領の執事の涙』とは?