シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

佐藤健、2度目の台湾訪問で空港は一時パニック!実写版「カノ嘘」が現地公開!

佐藤健、2度目の台湾訪問で空港は一時パニック!実写版「カノ嘘」が現地公開!
台湾で熱烈な歓迎を受けた佐藤健 - (C)2013青木琴美・小学館/「カノジョは嘘を愛しすぎてる」製作委員会

 俳優の佐藤健が先週末、今月14日から主演映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』の公開を迎える台湾を訪問した。来日当日、空港には多くのマスコミとファンが駆け付け佐藤を歓迎。サインを求めるファンが殺到し、一時周囲がパニック状態に陥るなど、その人気を裏付けた。

 佐藤が同地を訪れるのは、映画『るろうに剣心』のプロモーション以来2度目。7日の午前便で台北松山空港に到着しロビーに姿を現すと、報道陣のフラッシュが集中し、待ち構えていた200人のファンが歓声を上げる。熱烈な歓迎に佐藤は「こんなにたくさんの方が集まってくださって、本当にうれしいです。ありがとうございます」とコメント。空港出口に向かう佐藤の後ろには、報道陣とどうしてもサインがほしいファンが押し寄せ、周辺は一時パニック状態になった。

 その後の記者会見には、現地からマスコミ50社・100人の記者が集合。台湾での映画公開がバレンタインデーに重なることから、大量のチョコレートを受け取るのでは? と聞かれた佐藤は「ファンからはいただけるけど、プライベートでは全然もらえなくなりました」と告白。当日の予定についても「学生時代は楽しみだったけど今年はドラマの現場で仕事しています」と答えた。

 また『るろうに剣心』続編の撮影を経た反動もあってか、今後演じてみたい役柄について「肉体を使う役が続いているので、頭(頭脳)を使う役をやってみたい」と希望した佐藤。「知能犯みたいな役で台湾の映画にぜひ出てみたい」と続け、海外進出にも意欲を見せる。会見の終わりには、台湾のバレンタインの風習にならって女性記者にバラの花を一輪ずつ手渡し。その後もバラエティー番組への出演やインタビューなど精力的なプロモーションを展開した。

 翌8日には、台北市内でファンと交流するプレミアイベントに出席。650枚のチケットは発売開始から3分で完売したといい、ここでも佐藤の台湾での人気を裏付けることに。イベント冒頭、中国語のあいさつを披露し、割れんばかりの歓声受けた佐藤は、トークに加え観客の携帯電話に直接電話するなど密接した交流を行い、ここでも現地ファンを魅了した。(編集部・入倉功一)

映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』は全国公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 2月
  4. 11日
  5. 佐藤健、2度目の台湾訪問で空港は一時パニック!実写版「カノ嘘」が現地公開!