シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

黒木華、凱旋帰国!遠かったものが目の前に…トロフィーの重みで受賞実感

黒木華、凱旋帰国!遠かったものが目の前に…トロフィーの重みで受賞実感
銀熊賞のトロフィーを披露した黒木華

 山田洋次監督の映画『小さいおうち』で、第64回ベルリン国際映画祭の最優秀女優賞にあたる銀熊賞を受賞した女優の黒木華が17日に凱旋帰国し、成田空港で喜びの会見を行った。

 「びっくりしました。ベルリンに連れて行ってもらえるだけでうれしかったのに。まさか自分がとれるとは思ってもみなかった」という黒木は、国際映画祭に初参加で、初受賞。「トロフィーがすごく重くて、そこで賞をいただいた実感がわきました」と笑顔で振り返り、「今までテレビで見ていたもの、遠かったものが目の前にあることを経験できました。(受賞時は)客席の拍手が温かかった。本当に、ここに来れてよかったと思いました」と喜びを語った。

 受賞後はすぐに両親に電話で報告したといい、「みんな喜んでくれたけど、両親もあまり実感ないみたいで、『あ、よかったね』って(そっけない)感じでした」と笑顔。また、「女優の世界に飛び込むきっかけを作ってくれた人」という演出家・野田秀樹からお祝いのメッセージをもらったことや、山田監督から「僕は自分の作品に出ている女優が賞をとって喜んでいる姿を見るのがすごくうれしい」と声を掛けられたことも明かした。

 受賞後のこれからについては「自分の人生では受賞は大きな出来事だけど、それにとらわれることなく、自分のペースを守ってこれからもやっていきたい」と決意を口にしていた。

 本作は、第143回直木賞を受賞した中島京子の小説を名匠・山田洋次監督が実写化したラブストーリー。昭和と平成の2つの時代を舞台に、女中のタキ(黒木華)が女主人(松たか子)に隠した秘密にまつわる物語が描かれる。黒木は「戦争とか、山田監督が忘れてほしくないという思いを胸に撮られた映画。そういった部分を映画祭で評価していただけたのもうれしい」と話していた。(取材・文:名鹿祥史)

映画『小さいおうち』は公開中


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 2月
  4. 17日
  5. 黒木華、凱旋帰国!遠かったものが目の前に…トロフィーの重みで受賞実感