シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

妻夫木聡、野球映画で亀梨&上地らと共演!吹き替えなしの野球シーンに挑む

妻夫木聡、野球映画で亀梨&上地らと共演!吹き替えなしの野球シーンに挑む
野球映画『バンクーバーの朝日』に主演する妻夫木聡

 俳優の妻夫木聡が、戦前のカナダに実在した日系人野球チームを題材にした映画『バンクーバーの朝日』(12月公開予定)に主演することが明らかになった。共演には亀梨和也、勝地涼、上地雄輔、池松壮亮といった野球経験者がそろっており、吹き替えなしの野球シーンにも挑戦するという。ほかの共演には佐藤浩市など。監督は『舟を編む』などの石井裕也が務める。

 同作は、1914年~1941年にカナダ・バンクーバーで活動した日系カナダ移民2世を中心とした野球チーム「バンクーバー朝日軍」が題材の作品。サムライ野球の原点ともいえる同チームは、1941年の太平洋戦争勃発に伴い、敵性外国人となった選手と街の人々が強制移住させられたため、解散。だが、2003年にはカナダの移民社会、野球文化への功績が認められ、カナダ野球殿堂入りを果たした。

 チームでショートを守る主人公レジー笠原を演じる妻夫木は「このバンクーバー朝日軍の一員として演じられることを光栄に思います。日系人として生まれて、差別や排斥運動など厳しい境遇の中で生きた彼らの誇りを胸に、演じるということをいい意味で忘れて、この世界で僕自身もはいつくばって生きていけたらと考えています」と意気込む。

 共演には、KAT-TUNの亀梨和也や、高校時代に松坂大輔とバッテリーを組んでいた上地雄輔など、野球経験者の俳優がずらり。エースピッチャー・ロイ永西役の亀梨は「実際にあった歴史の実写化。この作品に参加できることを誇りに思います」とクランクイン直前の心境を明かすと、「野球のお話ということで僕自身、野球の経験はありますが、その時代の方たちの野球のスタイルというものを一から学び、考え、日本人としてこの歴史をしっかりと胸に刻み、撮影に挑みたいと思います」と役づくりに余念がない様子だ。

 今年5月公開の映画『ぼくたちの家族』でも妻夫木とタッグを組んでいる石井裕也監督は、野球経験者が集まった本作では吹き替えなしのプレイと演技を求めているといい、事前にチーム合宿を実施するなど、早くもチーム作りに着手している。栃木県足利市に広大なオープンセットを組んで当時の野球場や日本人街、白人街を再現するなど、徹底したリアリティーを重視した演出にも注目だ。(編集部・福田麗)

映画『バンクーバーの朝日』は12月公開予定


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 2月
  4. 20日
  5. 妻夫木聡、野球映画で亀梨&上地らと共演!吹き替えなしの野球シーンに挑む