シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

宮沢りえ、池松壮亮と演じる不倫の恋…角田光代『紙の月』映画化で共演

宮沢りえ、池松壮亮と演じる不倫の恋…角田光代『紙の月』映画化で共演
『紙の月』に実力派が集結! 池松壮亮、宮沢りえ、小林聡美、田辺誠一、近藤芳正、石橋蓮司(上段左から) - 松竹提供

 女優の宮沢りえ主演で作家・角田光代の同名小説を映画化する『紙の月』に、若手俳優の池松壮亮をはじめ、田辺誠一、近藤芳正、石橋蓮司、小林聡美らが出演することがわかった。平凡な主婦が起こす大金横領事件がテーマの本作で池松は、宮沢ふんする主婦と不倫関係に落ちる大学生を演じる。

 映画『桐島、部活やめるってよ』の吉田大八監督がメガホンを取る本作は、バブル崩壊直後の1994年が舞台。夫と二人暮らしで、銀行の契約社員として働く平凡な主婦・梨花(宮沢)が、ふとしたことで不倫の恋に落ちた年下の大学生・光太(池松)との関係を続けるうちに顧客の預金に手を付け、次第に後戻りできなくなっていくさまが描かれる。

 映画にドラマ、舞台など幅広く活躍する池松について宮沢は、「一緒にやっていて学ぶところがいっぱいあって、年齢を超越して、すごく素敵な俳優さんだと思っています」と絶賛。敬意をこめて「少年に見えるときと、おじいちゃんに感じるときと、年齢が不詳な感じがあって、何にでも化けられる可能性が毛穴からプチプチと飛び出ている感じが、すごく刺激的です」と語っている。

 一方、「りえさんの人間力と愛情に日々救われています」という池松も「りえさんが梨花なのか梨花がりえさんなのか、役と人間が重なる瞬間をこんなにも目撃したのは初めてです」と語るなど、互いに良い刺激を受けている様子。吉田監督とは舞台でタッグを組んだ仲で、平凡な主婦の不倫相手となる役どころにも「大八監督から呼ばれたからには行かないわけにはいきません。挑戦状だと勝手に受け止め頑張っています」と意気込みを見せている。

 そのほか、梨花の夫役を田辺、銀行の上司役を近藤、資産家の梨花の顧客役を石橋が務めるほか、小林が映画オリジナルキャラクターとなる梨花の先輩銀行員役で出演。若手からベテランまで、実力派キャストの共演に期待が高まる。(編集部・入倉功一)

映画『紙の月』は2015年全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 2月
  4. 25日
  5. 宮沢りえ、池松壮亮と演じる不倫の恋…角田光代『紙の月』映画化で共演