シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

逮捕の『アバター』サム・ワーシントン、パパラッチへの接近禁止令出される

逮捕の『アバター』サム・ワーシントン、パパラッチへの接近禁止令出される
屈辱の“パパラッチへの接近禁止令”を出されたサム・ワーシントン

 パパラッチを殴った疑いで逮捕された映画『アバター』の主演俳優サム・ワーシントンが、同パパラッチに対する接近禁止令を出されてしまった。直接接触することのほか、電話やソーシャルメディアを通じての接触も禁止されている。

 サムは現地時間26日に出廷し、第3級暴行罪2件、暴行未遂1件、およびハラスメントの罪で起訴されたとTMZ.comは報じている。有罪となれば、最高で1年の実刑判決もあり得るとのこと。

 サムは恋人でモデルのララ・ビングルとグリニッチビレッジにあるバーを出たところ、パパラッチのシェン・リーがララのすねを蹴ったため、サムが彼の顔面を殴ったと報じられている。リーもサムと一緒に逮捕されたが、彼は、理由もなく先に攻撃をしてきたのはララの方だと主張し、自己誓約により保釈されている。

 殴り合いの最中、サムはララのことを妻と呼び、「お前は俺の妻を蹴った」と叫んでいたという。二人は今年初めにオーストラリアで極秘結婚をしたとうわさされており、ペアリングをしているところも目撃されている。しかし、情報筋によると、サムはララとは結婚しておらず、言葉のあやで「妻」と言ったのだろうとコメントしている。(BANG Media International)


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 2月
  4. 28日
  5. 逮捕の『アバター』サム・ワーシントン、パパラッチへの接近禁止令出される