シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

吉高由里子、朝ドラヒロインは「無理だと…」

吉高由里子、朝ドラヒロインは「無理だと…」
現場に恋する気持ちで撮影に臨んでいるという吉高由里子

 女優の吉高由里子が3日、都内NHK放送センターにて行われたNHK連続テレビ小説「花子とアン」(31日~)第1週完成試写会後の会見に出席して抱負を語った。「朝ドラのヒロインはずっと無理だと思っていた」という吉高は、「タイトルバックの自分を見て、不思議な気持ち」と感慨無量な様子。この日は吉高演じるヒロイン花子の父役を務める伊原剛志、母役の室井滋、脚本家の中園ミホも出席した。

 「朝ドラは自分に似合わないと思っていた」と話す吉高だが、「(スタッフとの)コミュニケーションも取れてきて、楽しくなってきた。現場に恋をしようという気持ちで取り組んでいる」と心境を明かす。

 また本作の撮影は昨年より行われているが、山梨でのロケについて「シャレにならないくらい寒かったです。わたしは足袋を履いていたけれど家族は裸足で……」と共演者を思いやった。長期の撮影となり、体力の維持も重要となるが「毎日キラキラするよう努力している」とやる気満々。

 脚本の中園も「貧しいけれど、安東家(花子の家族)の人たちがみんなすごくいい。満ち足りていないから人は必死に夢を見て、明日が見えないから希望が見える。特に今の若者たちに見てほしい」と力を込めた。

 「花子とアン」は、カナダの女性作家ルーシー・モード・モンゴメリーの小説「赤毛のアン」の翻訳者・村岡花子の半生を明治、大正、昭和と激動の時代にわたって描くヒューマンドラマ。原案は村岡の孫・恵理による「アンのゆりかご 村岡花子の生涯」。花子の妹役で先日第64回ベルリン国際映画祭銀熊賞(最優秀女優賞)を受賞した黒木華、花子の親友役で仲間由紀恵が共演する。

連続テレビ小説「花子とアン」は3月31日~9月27日までNHK総合ほかにて放送(全156回予定)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 3月
  4. 3日
  5. 吉高由里子、朝ドラヒロインは「無理だと…」