シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

真木よう子、最優秀主演&助演女優賞W受賞!35年ぶりの快挙【第37回日本アカデミー賞】

真木よう子、最優秀主演&助演女優賞W受賞!35年ぶりの快挙【第37回日本アカデミー賞】
最優秀主演女優賞&最優秀助演女優賞のダブル受賞を果たした真木よう子、トロフィーも2つ!

 女優の真木よう子が7日、グランドプリンスホテル新高輪で行われた第37回日本アカデミー賞で、最優秀主演女優賞と最優秀助演女優賞のW受賞を果たした。女優賞のW受賞は、1979年の大竹しのぶ以来35年ぶりの快挙。最優秀主演女優賞が発表された際には檀上で「本当にうれしいです。現場にいた、一人残らず全ての方々のおかげでこの賞を取れたと思っています。本当にありがとうございます。うれしいです」とありったけの思いを込めて喜びを語った。

 日本アカデミー賞で賞を受賞すること自体初めての真木は今回、『さよなら渓谷』で最優秀主演女優賞を、『そして父になる』で最優秀助演女優賞を受賞。『さよなら渓谷』は渾身の思いで挑んだ作品でもあり、真木は「(本作で)一生女優を続けようと思わせていただいた感じです。現場のスタッフさんや、一緒に共演させていただいた役者さんが、本当に素晴らしい方たちで、こういう組がまだ日本にあるのだったら、わたしはまだ女優をやりたいと思わせていただいたチームでした」と大きな転機になったことを明かした。

 また、椎名林檎とコラボしたエンディングテーマ「幸先坂」も自身で歌っており、「監督にちょっと歌ってくれないかと言われて。歌手じゃないので不安でしたが、歌手として信頼している椎名林檎さんが楽曲提供してくださって。(演じた)かなこが歌っているように聞いていただけたらと思って歌いました」と歌に込めた思いも振り返った。

 『さよなら渓谷』は、『悪人』『横道世之介』の原作者・吉田修一の同名小説を原作にした作品。レイプ事件の被害者と加害者が夫婦であるという設定の下に、男女の極限の愛を描いた。

 『そして父になる』は、是枝裕和監督が子どもを取り違えられた2組の家族を通して、愛や絆、家族といったテーマを感動的に描いたドラマ。第66回カンヌ国際映画祭では審査員賞を受賞した作品だ。(中村好伸)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 3月
  4. 7日
  5. 真木よう子、最優秀主演&助演女優賞W受賞!35年ぶりの快挙【第37回日本アカデミー賞】