シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

爆笑問題・太田、10キロ宇宙服にぐったり…「ふなっしー」の気持ちがわかる?

爆笑問題・太田、10キロ宇宙服にぐったり…「ふなっしー」の気持ちがわかる?
爆笑問題の田中裕二と宇宙服の重さにぐったりした様子の太田光

 お笑いコンビ・爆笑問題の太田光と田中裕二が24日、幕張メッセで7月19日から開催される「宇宙博2014 -NASA・JAXAの挑戦」の記者会見に出席し、同博の公式サポーターを務めることが発表された。約10キロの宇宙服を着て登場した太田は、重さによる疲労のためか、いつになくキレのないギャグを飛ばしながら「いつかは宇宙でバラエティーをやりたい」と意欲を見せた。この日は、本博の監修も務めるJAXA名誉教授の的川泰宣氏、JAXA宇宙飛行士の星出彰彦氏も登壇した。

 この日、田中は偶然にも大好きなジャイアンツカラーの船内服に袖を通し「僕らは宇宙に関連した番組がなぜか多くて縁がある。今回もサポーターに選ばれてワクワクしている」と上機嫌。これに対して、重さ約10キロという宇宙服に太田は「いやぁ、重くて肩が痛い。ふなっしーの気持ちがよくわかった」とこぼすなど、ボケにもいつもの元気がない様子。

 さらに「(宇宙飛行を目指している)岩城滉一さんには、宇宙でカレーを食べてもらいたい」など、いつになくキレのないギャグを連発した太田は、最後は力を振り絞り「生きている間に宇宙でバラエティー番組をやりたいね」と意欲を見せていた。

 また、爆笑の二人が的川氏、星出氏に「宇宙博」の見どころなどについて質問する「宇宙教室」コーナーでは、ISS(国際宇宙ステーション)での暮らしぶりに興味を持った太田が、「朝、目が覚めたら夢だった……じゃなくて、宇宙なわけでしょう? これはすごいこと」と感想を語ると、笑いを超えて周囲も妙に納得したようだった。

 「宇宙博2014」は、オランダ、スペイン、トルコなどを巡回したアメリカ航空宇宙局(NASA)公認 の「NASA展」と、宇宙航空研究開発機構(JAXA)による日本限定「JAXA展」が同時に実現した宇宙イベント。宇宙開発の第1歩から最新活動までを一望することができる。火星探査車「キュリオシティ」の NASA 製作実物大モデル機が日本初展示されるほか、JAXA開発による日本の宇宙実験棟「きぼう」(実物大モデル)の内部に入ることができる体験型展示が行われる。さらにアポロやはやぶさにまつわる貴重な資料など、合計400 点以上の展示品が一堂に会する。(取材・文:坂田正樹)

「宇宙博2014 -NASA・JAXAの挑戦」は幕張メッセ国際展示場10・11 ホール にて7月19日~9月23日まで開催


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 3月
  4. 24日
  5. 爆笑問題・太田、10キロ宇宙服にぐったり…「ふなっしー」の気持ちがわかる?