シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

“ブサイク”殿堂入りのノンスタ井上、ナルシストキャラ全開で映画出演!

“ブサイク”殿堂入りのノンスタ井上、ナルシストキャラ全開で映画出演!
ナルシストキャラ全開の演技を披露するNON STYLEの井上裕介 - (C)2014「薔薇色のブー子」製作委員会

 先日発表された「よしもと男前ブサイクランキング2014」のブサイク部門で3年連続1位を獲得し、殿堂入りを果たしたNON STYLEの井上裕介が、指原莉乃主演の映画『薔薇色のブー子』(福田雄一監督)に出演することが明らかになった。井上は劇中でナルシストキャラ全開の演技を披露しており、指原演じるヒロインから盛大に突っ込まれている。

 井上のほか、このたび出演が発表されたのは、ホリ、コージー冨田といった人気芸人たち。その中でも井上の役柄については、福田監督も「キャスティングについては、本当にずば抜けたイケメンを使うか、ものすごいブサイクにするか、どちらにするか悩んでいたが、プロデューサーとも相談し、井上さんにオファーをしました」と迷いがあったことを告白。だが「先日まさに『よしもとブサイク芸人』としてもぶっちぎりの票を獲得し殿堂入りをしてくれて、さらにこのキャラクターにはくがついて、とてもナイスなキャスティングだったと思います」とその判断に自信を見せた。

 その一方で、現場での様子を振り返った福田監督は「井上さんは『ヨシヒコ』シリーズが大好きで結構見ていたのもあり、積極的に演技についても質問してくるなど、気合を入れて撮影に臨んでくれた」と好印象を明かしている。

 また、福田監督は他の芸人の起用に関しては「今回は簡単で笑える映画にしたかったということもあり、芸人さんを多めに出すことは最初から決めていました」としており、「いつもはあまり芸人の方をキャスティングすることはなく、セリフや状況など、ネタではないところで笑いを取るやり方ですが、今回はいつもの福田流にプラスの笑いを重ねることで、より笑いの強度を上げています」と意図を説明した。

 同作は、いつかは少女漫画のような出会いがあると信じてきた大学生の幸子(指原)が自分を変えるために行動するも、次々とトラブルに見舞われるというコメディー作品。共演には、ユースケ・サンタマリア、ムロツヨシ、鈴木福、小嶋陽菜(AKB48)など。(編集部・福田麗)

映画『薔薇色のブー子』は5月30日より全国公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 3月
  4. 21日
  5. “ブサイク”殿堂入りのノンスタ井上、ナルシストキャラ全開で映画出演!