シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

辻仁成、中山美穂との離婚質問に無言…足早に会場去る

辻仁成、中山美穂との離婚質問に無言…足早に会場去る
離婚騒動については無言を通した辻仁成

 作家でミュージシャンの辻仁成が14日、監督・脚本を務める映画『醒めながら見る夢』の完成披露試写会に出席した。妻で女優の中山美穂との離婚が取り沙汰されている辻監督だがこの話題には触れず、舞台あいさつ後「中山さんには会いましたか」「話し合いは、始まりましたか?」と報道陣から質問が飛ぶ中、無言のままステージを去った。

 この日は、本作が映画初主演作となるCHEMISTRY(ケミストリー)の堂珍嘉邦、共演者の高梨臨、石橋杏奈、村井良大も出席。映画について「昨年、すでに完成していた作品」と切り出した辻監督は、「公開までずいぶん時間がたってしまいましたが、こうして皆さんの前にお届けすることができてうれしい」と喜びを語った。

 京都を舞台に、かつて愛した女性とその妹の間で心乱れた経験を持つ主人公が、過去に束縛されたまま身動きできずに立ちすくむ姿を描いた本作。辻監督は、京都を選んだ理由について「個人的に京都という町がすごく好き。この作品の登場人物の生死を一番際立たせることができる場所は、日本では京都だけだと思っていた」と説明すると、映画について「力作になっています」と自信をのぞかせた。

 そんな辻監督について石橋は、「監督が時々、『カット! 今のロックだったよ』っていうのでびっくりしました」とコメント。さらに「何でも素直に言ってくださるので、とてもやりやすかったです」と現場の空気を振り返る。

 また堂珍は、「ワンシーンごとに一球入魂という感じで、自分のモチベーションで演じることができた」と初主演作に大満足といった様子。一方で、相手役の高梨から「撮影中、ロケバスが時間通りに動いたことがなくて。なぜかというと、堂珍さんがいつも遅刻してきたからです」と明かされると、苦笑いを浮かべていた。(取材・文:名鹿祥史)

映画『醒めながら見る夢』は5月17日より新宿武蔵野館ほか全国順次公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 4月
  4. 14日
  5. 辻仁成、中山美穂との離婚質問に無言…足早に会場去る