シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

米アカデミー賞公認映画祭、『九十九』とオスカーを争った短編アニメ賞受賞作品を上映!

米アカデミー賞公認映画祭、『九十九』とオスカーを争った短編アニメ賞受賞作品を上映!
特別上映作品となるアカデミー賞受賞作『ミスター・ウブロ』

 米国アカデミー賞公認の国際短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル & アジア 2014」(SSFF & ASIA)の「CGアニメーション部門」にて、今年のアカデミー賞で短編アニメ映画賞に輝いた『ミスター・ウブロ』が特別上映されることが明らかになった。

 日本からノミネートを果たした森田修平監督『九十九』と同賞を争い、見事受賞を果たした『ミスター・ウブロ』。神経質な引きこもりの主人公ミスター・ウブロが、ロボットの子犬との共同生活を通じて内面を変化させていく様子を描いた11分ほどの作品になっている。近未来を舞台にしながら、どこかレトロな世界観を表現したCG技術にも注目だ。

 同作が特別上映される「CGアニメーション部門」では、日々進化し続けるさまざまなCG技術を駆使した作品を上映。技術面だけでなく物語やエンターテインメント性も重視され、今年は31か国から集まった227作品の中から、22本(11か国)が選出された。審査員を務めるのは、映画『キャプテンハーロック』の荒牧伸志監督、『CASSHERN』『GOEMON』の紀里谷和明監督、デジタルハリウッド大学の杉山知之学長。優秀賞は6月9日のアワードセレモニーで発表され、賞金60万円が授与される。(編集部・入倉功一)

「ショートショートフィルムフェスティバル & アジア 2014」は5月30日から6月15日までブリリア ショートショート シアターほかにて開催


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 4月
  4. 18日
  5. 米アカデミー賞公認映画祭、『九十九』とオスカーを争った短編アニメ賞受賞作品を上映!