シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

リンジー・ローハンが流産を告白

リンジー・ローハンが流産を告白
つらい過去を告白したリンジー・ローハン

 リンジー・ローハンが、ドキュメンタリー番組の最終エピソードで流産していたことを告白したとThe Hollywood Reporterなどが報じた。

 リンジーは薬物とアルコール依存症治療のため入院していたリハビリ施設を出た後、大御所司会者オプラ・ウィンフリーのテレビチャンネルOWNが製作するドキュメンタリーシリーズ「リンジー(原題) / Lindsay」に出演していたが、撮影途中に2週間休みを取っていたという。

 「誰も知らないことなんだけど、休みを取っていた2週間の間に流産したの」と番組フィナーレでリンジーはコメント。番組の中で部屋から出てこなかったシーンも、流産により体調と精神を崩していたためだと説明した。赤ちゃんの父親が誰だったのかについては触れていない。

 番組の最後に彼女は、手に入れた全てを失くすつもりではなかったけど、結果的には依存症のせいでそうなってしまったと振り返り、依存症はとても怖い病気だと語っている。当初は乗り気ではなかったこのドキュメンタリーも、仕事に対して前向きになれるようになり、引き受けて良かったと感じているそうだ。

 リンジーは今夏からサイコスリラー映画『インコンシーバブル(原題) / Inconceivable』の撮影が始まる予定。(澤田理沙)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 4月
  4. 21日
  5. リンジー・ローハンが流産を告白