シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

キョウリュウレッド・竜星涼、“女性をもてなす笑顔”で主演ホスト映画の見どころを語る

キョウリュウレッド・竜星涼、“女性をもてなす笑顔”で主演ホスト映画の見どころを語る
“女性をもてなす笑顔”を披露し見どころを語った竜星涼

 29日、「獣電戦隊キョウリュウジャー」でキョウリュウレッドを演じた竜星涼の主演映画『マジックナイト』の先行上映が行われ、上映前のマスコミ向けフォトセッションと囲み取材で、ホスト役に挑んだ竜星が撮影秘話と作品の見どころを語った。

 今夏公開となる本作だが、撮影が行われたのは大雪に見舞われた今年2月。「寒い中での撮影で、5日間で撮りました。でも暖かい季節の公開になるので、温かい気持ちで観てもらえたら嬉しいです」と、竜星はまず短期間かつ寒さが厳しい中での撮影となった本作を振り返る。しかし短期間でもホスト役はすっかり板についたか、フォトセッションで受けた「女性をもてなす笑顔で」というむちゃぶりにも、やや困惑を見せたがほどなく爽やかな笑顔を返していた。

 竜星演じるナンバー1ホストのレイラは、ザ・たっちのたくやが演じるブサイクな秋生(あきお)が魔法で変身した姿であるが、竜星は「たくやさんの感覚を体で表現しないといけないと思って、歩き方や走り方、縮こまり方を参考にしました」と役作りの上でたくやをよく観察したことを明かす。

 ホストクラブという華やかな場を舞台にファンタジーとして描かれる本作だが、竜星は「誰にでもあるコンプレックスをテーマに、人間として何が一番大切なのかを大事に撮影しました」と語り、「主人公の成長とそれに関わってくるキャストの成長を観てもらえたら嬉しく思います」とメッセージを送り、あいさつを締めた。なお、フォトセッションには竜星のほか、共演の渡辺大輔と太田基裕、伊勢大貴と小澤廉、主題歌を担当したROOT FIVEの蛇足とぽこたが登壇した。

 本作はブサイクなことを悩み悲観して生きてきた秋生が、“行動範囲限定”でイケメンになることができるマジックリングを手に入れたことからナンバーワンホストのレイラに変身。人として本当に大切なものは何なのかを問いながら、男同士の友情を得て成長する姿を描く。(取材・文:長谷川亮)


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 4月
  4. 29日
  5. キョウリュウレッド・竜星涼、“女性をもてなす笑顔”で主演ホスト映画の見どころを語る