シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

染谷将太&長澤まさみ、矢口史靖監督最新作『WOOD JOB!(ウッジョブ)』に太鼓判!

染谷将太&長澤まさみ、矢口史靖監督最新作『WOOD JOB!(ウッジョブ)』に太鼓判!
染谷将太&長澤まさみ

 29日、染谷将太と長澤まさみが、新宿ステーションスクエアにて行われた、映画『WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~』公開直前イベントに参加した。物語のクライマックスシーンで重要な役割を担う巨大ご神木をモチーフにした直径3.3メートル、長さ5メートルの大木の造作を施したステージに登場した染谷は「同じぐらいのサイズの大木に乗った(危険な)シーンがあったのですが、生きて帰れてよかったです」と懐かしそうに撮影当時を振り返った。本イベントにはマキタスポーツ、矢口史靖監督も出席した。

 全編を通じて矢口監督ならではの笑いとドキドキがふんだんにちりばめられている本作だが、クライマックスを飾る「祭り」のシーンは特に見どころで、長澤が「すごい迫力で、観ている方もハラハラドキドキします。すごすぎてCGと思うかもしれませんが、違うんですよ」と壮絶な映像シーンをアピールすると、染谷も「こんなにすがすがしい映画に出演するのは初めてなのでうれしかった」とはにかんだ笑顔を見せた。

 また劇中の「祭り」に登場した、ふんどし姿の男衆30人が、劇中の格好そのままに新宿のど真ん中に駆けつけ、ステージ上で大木の神輿を担ぐと、染谷は「(映画の中で)自分も同じようにしていたと思うと信じられませんね」と目を丸くする。さらに盛り上がる男衆に、マキタスポーツが「WOOD JOBすぎて、男衆のご神木が出かかっていましたね」と下ネタを披露すると、長澤は照れくさそうに苦笑いを浮かべながら「すごい男気を感じましたね」と当時を振り返った。

 これまで、映画『ウォーターボーイズ』など数多くの話題作を世に送り出してきた矢口監督をして「いつもどういう物語ができるかを想定して作っているのですが、出来上がった作品を観て『どえらいもの作ったな』と最初の想定を軽く超えていました。こんな映画初めてです」と言わしめた本作。長澤も「1人の青年の成長物語を超えて、いろいろなことを考えさせられる作品です」と後押ししていた。

 本作は、三浦しをんのベストセラー小説「神去なあなあ日常」を映画『ロボジー』や『ハッピーフライト』の矢口史靖監督で映画化。夢や希望を持てない都会の若者が、林業研修プログラムに参加することによってさまざまな成長を遂げる姿を描いた青春ストーリー。(磯部正和)

映画『WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~』は5月10日より全国東宝系にて公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 4月
  4. 29日
  5. 染谷将太&長澤まさみ、矢口史靖監督最新作『WOOD JOB!(ウッジョブ)』に太鼓判!