シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

山崎賢人の“生・壁ドン”にファン悲鳴!「あんたの困ってる顔好きかも」

山崎賢人の“生・壁ドン”にファン悲鳴!「あんたの困ってる顔好きかも」
山崎賢人が女子高生に“生・壁ドン”!

 俳優の山崎賢人が30日、都内で行われた恋愛映画『L・DK』の大ヒット御礼舞台あいさつに原作者の渡辺あゆと出席。抽選で選ばれた1名の女性ファンに“壁ドン”をプレゼントし、会場を興奮の渦に包んだ。

 “壁ドン”とは、男性が女性を壁際に追い込んでドンッと壁に片手を付けるという少女漫画で定番の胸キュンシチュエーション。劇中で山崎が演じるツンデレ男子が披露するのも見どころで、舞台あいさつの最後に山崎が客席から選ばれた女子高生を相手に「俺、あんたの困ってる顔好きかも」と“壁ドン”を披露。客席からは割れんばかりの歓声と羨望(せんぼう)の悲鳴が上がり、山崎は「何回やっても恥ずかしいけど、面白いです」とはにかみながらファンの声援に応えた。

 今年はドラマ「チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮」(フジテレビ系)に続き、ドラマ「弱くても勝てます ~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~」(日本テレビ系)に出演するなど人気急上昇中の山崎。「“壁ドン”は現場とかでもはやっていて、男たちの中でも撮影の合間にやり合っているんですよ」と男同士の“壁ドン”遊びも明かした。

 一方、原作者の渡辺は撮影中の山崎について「普段は穏やかだけど、カメラが回っていないところでも肉食オーラが出ていて、どこでも“壁ドン”してきそうで感動しました」と役に成り切っていたことを振り返った。

 同作は渡辺の同名人気コミックの実写化作品。ひょんなことから校内きってのモテ男子・久我山柊聖(山崎)と一緒に住むことになった女子高生の西森葵(剛力彩芽)が、ツンデレな彼に翻弄(ほんろう)されながらも心惹(ひ)かれる姿を初々しく描く。(中村好伸)

映画『L・DK』は公開中


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 4月
  4. 30日
  5. 山崎賢人の“生・壁ドン”にファン悲鳴!「あんたの困ってる顔好きかも」