シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

「相棒」のヒットの裏にキャラクターの魅力あり!

「相棒」のヒットの裏にキャラクターの魅力あり!
映画『相棒 -劇場版III- 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ』(左)とdビデオスペシャル「相棒-劇場版III-序章」(右) - (C)2014「相棒 -劇場版III-」パートナーズ (C)テレビ朝日/東映

 水谷豊演じる杉下右京と成宮寛貴演じる甲斐享のコンビが人気を牽引している刑事ドラマ「相棒」シリーズをテーマに、脇を固める刑事たちの中で「相棒にしたいのは誰?」という話題のツイートが盛り上がった。

 約3年半ぶりの劇場版新作『相棒 -劇場版III- 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ』(公開中)と、同作と連動したdビデオスペシャル「相棒-劇場版III-序章」(配信中)でも主人公を支える登場人物たちの活躍が作品の魅力に大きく関わっており、ツイッターでもさまざまな意見が交わされていた。

 シリーズ初期から主人公を支え続けてきた5人(伊丹憲一、三浦信輔、芹沢慶二、角田六郎、米沢守)の中で、特にツイートが多かったのが、昨年公開のスピンオフ映画『相棒シリーズ X DAY』で主役を張った伊丹。優しくはしてもらえそうにないこわもてキャラだが、「たまに見せる笑顔が最高」「口は悪いが実は優しくて憎めない」といったツンデレぶりや、「真実を追う情熱と強い正義感」「不器用だけど真っすぐ」といった人間くささが、“相棒”にしたい理由として多数寄せられた。

 今や日本を代表する刑事ドラマとなった「相棒」の人気の理由は、刑事ドラマの定番パターンに陥らないよう工夫された物語の面白さはもちろんだが、多彩なキャラクターの魅力も大きく、まず主人公二人の組み合わせの妙が挙げられる。杉下右京は、ある種の天才で捜査能力はずば抜けているが、変わり者。甲斐享(通称カイト)は、若さと正義感にあふれた熱血漢で、冷静沈着な右京とは好対照。この個性の違う“相棒”が、警視庁特命係という自由な立場を生かしてさまざまな事件を解決していく。

 公開中の『劇場版III』では、右京とカイトが孤島を舞台に密林を駆け回り、世界を震撼(しんかん)させる大事件に立ち向かう。また、「相棒-劇場版III-序章」では、右京とカイトの視点も交えつつ、捜査一課の伊丹・三浦・芹沢が『劇場版III』につながる密室殺人事件の謎に挑んでいる。もちろん米沢や角田も両作で活躍するが、テレビ版のシーズン12で退職した三浦の雄姿が観られるのは2作品が最後。物語の面白さのみならず、各キャラクターのファンにとっても見どころの多い作品となっている。(編集部・天本伸一郎)

映画『相棒 -劇場版III- 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ』は全国公開中
dビデオスペシャル「相棒-劇場版III-序章」はdビデオで配信中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 5月
  4. 1日
  5. 「相棒」のヒットの裏にキャラクターの魅力あり!