シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

裸の女性7人が絡まり合う!AV業界を描いた話題作、衝撃のポスターが公開

裸の女性7人が絡まり合う!AV業界を描いた話題作、衝撃のポスターが公開
連続ドラマW「モザイクジャパン」ポスタービジュアル

 AV業界を舞台にしたWOWOW連続ドラマW「モザイクジャパン」のポスターが公開され、裸の女性7人が入り混じるという衝撃のビジュアルが明らかになった。主演の永山絢斗は、クランクイン前のポスター撮影を「当日現場に行って女性たちが裸にガウンを着ているのを見て、『いよいよドラマが始まるんだな』と緊張で胃の奥のほうがキュッとなりました。でもそのおかげでいいスタートを切れた気がしています」と振り返った。

 同作は、AV業界に乗っ取られた田舎町に戻ってきた主人公・常末理市(永山絢斗)の悲哀を描いた社会派ドラマ。テレビドラマ「最高の離婚」「Woman」などの坂元裕二が脚本を手掛け、映画『謝罪の王様』などの水田伸生が演出を担当。AVという題材、そしてR15+指定相当の過激な描写が早くも話題になっている問題作だ。

 今回のポスタービジュアルは、7人の女性・14本の手足が絡み合う中で永山がもがいているところを捉えたもの。撮影には、実際に永山が女性の手足に埋まったところを真上から撮影する「一発撮り形式」が採用され、ドラマのポスター撮影としては極めて異例なものとなった。

 タイトルにもなっている「モザイク」は、本作で曖昧な日本文化や日本のシステムの象徴として語られる。岡野真紀子プロデューサーいわく、ポスターで女性たちに埋もれた永山の姿は、モザイクの向こう側を目撃し、巻き込まれていくさまをイメージしたとのこと。「永山さんの表情にこのドラマのテーマが全て表れていると思っています」と岡野プロデューサーは自信をのぞかせている。

 出演は永山のほか、ハマカワフミエ、宮地真緒、高橋一生など。特に宮地はAV女優役に挑んでおり、新境地を開いている。(編集部・福田麗)

連続ドラマW「モザイクジャパン」は5月18日、WOWOWプライムにてスタート 毎週日曜夜11時(全5話)


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 5月
  4. 9日
  5. 裸の女性7人が絡まり合う!AV業界を描いた話題作、衝撃のポスターが公開