シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

早見あかり、初主演映画のプレッシャー…初日に感激

早見あかり、初主演映画のプレッシャー…初日に感激
時に声を詰まらせながら、公開初日の心境を明かした早見あかり

 元ももいろクローバーで、女優の早見あかりが10日、新宿ピカデリーで行われた映画『百瀬、こっちを向いて。』の初日舞台あいさつに登壇した。早見は本作が長編映画初主演。満席の客席を前に、時折声を詰まらせながら「初日が近づいてくるにつれて、初主演というプレッシャーがのしかかってきましたが、こうしてたくさんの方が観に来てくれて、本当に感謝しています」と感激しきりだった。

 「クランクインの1か月前からリハーサルを続けていって、百瀬という女の子を、頭で考えるというより、体で感じながら知っていった。主演のプレッシャーよりも女の子をきちんと理解できるかどうかのほうが不安だった」と撮影前の心境を告白した早見。役づくりのためにロングだった髪を45センチもカットしたことも含め、「共演者の方やスタッフの方に支えてもらいながらですが、すてきな百瀬を作れたんじゃないかなと思います」と仕上がりには満足の様子。

 だが、初日が近づくにつれ初主演の重圧から不安が募ったという早見は、「皆さんにお届けできるのはうれしいし、わくわくしていたんですけれど、正直、まだ渡したくないって思っている自分もいました」と心境を吐露。「でも、こうしてたくさんの方が観に来てくれて、本当に感謝しています。みなさんに支えてもらってこの映画を作ることができました。今は幸せな気持ちでいっぱいです」と笑顔で感謝の気持ちを述べていた。

 本作は、作家の乙一が「中田永一」名義で執筆したベストセラー小説の映画化作品。期間限定でカップルを装うことになった高校生の男女が、次第に惹(ひ)かれ合っていく姿を描く。舞台あいさつには竹内太郎、石橋杏奈、工藤阿須加、向井理、ひろみ(第2PK)、耶雲哉治監督も登壇した。(取材・文:名鹿祥史)

映画『百瀬、こっちを向いて。』は新宿ピカデリーほか全国公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 5月
  4. 10日
  5. 早見あかり、初主演映画のプレッシャー…初日に感激