シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

卵巣境界悪性腫瘍を克服した麻美ゆま、自叙伝出版記念握手会で元気をアピール!

卵巣境界悪性腫瘍を克服した麻美ゆま、自叙伝出版記念握手会で元気をアピール!
元気な姿を見せた麻美ゆま

 タレントの麻美ゆまが11日、福家書店新宿サブナード店で行われた自叙伝「Re Start~どんな時も自分を信じて~」出版記念握手会に来場、元気な姿を見せた。

 AV女優としてデビューするや、そのキュートなルックスと明るいキャラクターでまたたく間にブレイクを果たした麻美。その後、深夜のバラエティー番組「おねがい! マスカット」内で結成されたユニット「恵比寿マスカッツ」の中心メンバーとして活躍した。

 しかし2013年2月に体調不良で休業。その後、「卵巣境界悪性腫瘍」を患い、卵巣・子宮全摘出、抗がん剤治療を受けていることを発表した。本作には、そんな麻美の闘病生活、AV女優としての葛藤、家族の死など、知られざる麻美の半生が赤裸々につづられている。

 会場に現れた麻美は「自分が納得いくまで何度も書き直したりして、誠心誠意作った作品。人生のすべてが詰まっているので、受け入れてもらえるか不安でしたが、自叙伝を出版できて、うれしい気持ちでいっぱいです」とあいさつ。さらに「ショートヘアにしてから、人前に出るのが、3回目くらい。毛根が弱まっているみたいでセットがうまくいかず、モンチッチみたいで恥ずかしい部分もありますけど、ショートの方が似合っているねと言ってくれる人もいてうれしい」と以前と変わらぬ笑顔を見せた。

 自叙伝内では、手術後に9キロ近くやせたことを告白しているが、体重は以前の水準まで戻っているという。「定期検診には、2ヶ月に1回行っていますが、おかげさまで今は健康です」と切り出した麻美は、「今のところ、AVへの復帰は厳しいかなと思っています。新たな道として、音楽、芝居、新しいことに挑戦したい」と希望を語る。「Re Start」というタイトルについても「自分はAV女優であった過去をなくすつもりもないですし、過去を背負った上で前に進むという意味での『Re Start』にこだわりました」と語る。

 くしくもこの日は母の日。毎年、母の日には花をプレゼントしているという麻美は、「今年はこの本の発売日と、母の日が近かったので、メッセージを添えて(本と花を)贈りました。母が支えてくれなかったらこの場には立てなかった。だから一番に感謝を伝えたいですね」と笑顔を見せた。(取材・文:壬生智裕)

麻美ゆま自叙伝「Re Start~どんな時も自分を信じて~」は発売中(税別:1,500円)


【関連情報】
キーワード

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 麻美ゆまさん・芸能界に復帰 from 元テレビっ子の芸能&スポーツ情報 (2014年5月12日 1時5分)
    人気AV女優として活躍し、出演していた深夜のバラエティー番組で結成 された「恵比寿マスカッツ」のメンバーとしてライブ活動も行なっていた 麻美ゆまさんが卵巣境界悪性腫瘍によりタレント活動を休業し卵巣と子宮 を全摘出して、抗がん剤治療を受けていることを公表してから一年三ヶ月 が経って、芸能界への復帰が叶いました。 入院中に考えたこと、それまでの半生をまとめた手記「Re Start ~どんな時も自分を信じて~」の出版記念握手会で挨拶をすると共に現在 の体調についても報告を行ない、二カ月に一度の定期検診に通院し ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 5月
  4. 11日
  5. 卵巣境界悪性腫瘍を克服した麻美ゆま、自叙伝出版記念握手会で元気をアピール!