シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

「総選挙V2逃したら滝行」宣言の指原莉乃、タモリから心配されていた

「総選挙V2逃したら滝行」宣言の指原莉乃、タモリから心配されていた
タモリから連絡を受けていたことを明かした指原莉乃

 HKT48の指原莉乃が主演し、『HK/変態仮面』などの福田雄一監督がメガホンを取った映画『薔薇色のブー子』の完成披露試写トークショーに、指原、福田監督と、ユースケ・サンタマリア、ムロツヨシ、鈴木福、田口トモロヲらキャストが集結。指原は先日、6月7日に開票される第6回AKB48選抜総選挙で連覇を逃したら「2か月くらい滝に打たれて修行する」と公約して話題になったが、その後「タモリさんから『滝行はやめたほうがいい』と言われた」と御大から心配の連絡が入ったことを明かした。

 福田監督に「今日は会場も結構スカスカで、ありがとうございます。大丈夫か、指原人気」とイジられていた指原は、「この映画がヒットしなかったら、みんなで滝行やりましょう」と逆襲。ユースケは「撮影では極寒の中、さっしーだけノースリーブだったりずっと薄着で、さっしーがひどい目に遭うと『もっとやれ』って思えちゃう。さっしーのすごさだよ」と奇妙ないい方でそんな指原をたたえた。

 本作は、いつも文句ばかりで“ブー子”とあだ名の付いた幸子(指原)が、ツイッターで知り合った男の子に会うため一念発起。自分を変えようと行動し始めたとたん、穴や池に落ちたり、車にひかれたり、散々なハプニングに見舞われるドタバタコメディー。「今までは『今日もブスだね』って撮影の朝にあいさつしていたけど、今回はさっしー、全面的にかわいいです」という福田監督は、「途中から(演技も)うまくなってる。もう女優は引退って言っていたけど、本当はどうなの?」と指原に水を向ける。

 「(本作が)遺作でしょう。次にお話が来なければ」と妙に冷静に答えた指原は、「でも、わたしが観た映画のなかで、間違いなく面白ランキング1位です。生涯で4本くらいしか映画を観たことないけど」とコメント。福田監督に「この人、堤真一主演映画(『俺はまだ本気出してないだけ』)に出演しているのに、作品を観ないで平気で舞台あいさつに出る人だから」とバラされても、「それがわたしのスタイル」と平然と胸を張る指原だった。(取材:岸田智)

映画『薔薇色のブー子』は5月30日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 5月
  4. 15日
  5. 「総選挙V2逃したら滝行」宣言の指原莉乃、タモリから心配されていた