シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

オスカー受賞の鬼才スパイク・ジョーンズ監督、4年半ぶり来日が決定!

オスカー受賞の鬼才スパイク・ジョーンズ監督、4年半ぶり来日が決定!
4年半ぶりの来日を果たすスパイク・ジョーンズ監督 - Photo by Sam Zhu

 映画『her/世界でひとつの彼女』でアカデミー賞脚本賞を受賞したスパイク・ジョーンズ監督が同作を引っ提げ、今月下旬に4年半ぶりの来日を果たすことが明らかになった。ジョーンズ監督は29日に行われるイベントに出席する予定だ。

 ジョーンズ監督は劇場映画監督デビュー作の『マルコヴィッチの穴』以降、『アダプテーション』『かいじゅうたちのいるところ』といった怪作・話題作を世に送り出している鬼才。本作でも人工知能と恋に落ちる男性の姿を通じて、愛の意味を問い直すなど、そのオリジナリティーは現在のハリウッドで一二を争うといわれ、本作の脚本でアカデミー賞を受賞した。自身が作詞を手掛けた「The Moon Song」も歌曲賞にノミネートされた。

 今回は、『かいじゅうたちのいるところ』が公開される直前の2009年12月以来、約4年半ぶりの来日。ジョーンズ監督は、正面から愛に向き合った今回のストーリーについて「セオドア(ホアキン・フェニックス)とサマンサ(スカーレット・ヨハンソン)を通して、『愛』と『結び付き』を可能な限りいろんな角度から描きたかった」と語っており、より詳しい話が来日時に飛び出すことに期待したい。

 本作は、近未来のロサンゼルスを舞台に、妻と別れた主人公が人工知能型OSの声にひかれていくさまをつづる。独特の色彩感覚に支えられた美術やアーケイド・ファイアをフィーチャーした音楽など、映画ならではの魅力がたっぷり詰まった作品に仕上がっている。(編集部・福田麗)

映画『her/世界でひとつの彼女』は6月28日より新宿ピカデリーほかにて全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 5月
  4. 15日
  5. オスカー受賞の鬼才スパイク・ジョーンズ監督、4年半ぶり来日が決定!