シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

藤原竜也&山田孝之、30代での初共演を振り返る

藤原竜也&山田孝之、30代での初共演を振り返る
劇中から一転、同世代ならではの親密さを漂わせる藤原&山田 - 写真:平岩亨

 衝撃的ともいえる能力を持った2人の男の壮絶な闘いを描いた問題作『MONSTERZ モンスターズ』で、初共演を果たした藤原竜也と山田孝之が、ハードな現場の思い出と意外な裏話を明かした。

 俳優として着実にキャリアを積み、30代となった二人は意外にも今回が初共演。とはいえ、お互いの出演作は意識していたようだ。藤原は山田に対して、「繊細な役も、突出した役も、両方こなす才能がある。テレビドラマの『白夜行』が印象的だった」と告白。一方の山田は藤原の舞台に感銘を受けていたようで「生で観た時はもちろん、DVDで観ても演技のパワーが伝わってきた」と、尊敬していたことを明かした。

 『MONSTERZ モンスターズ』で藤原が演じたのは、相手を見るだけで、その行動を操る能力を持つ「男」。演技の苦心について彼は「目のアップを何十カットも撮った。“目俳優(めはいゆう)”と言ってもいいくらい」と笑いながら振り返る。目の演技に集中した藤原に対し、その「男」が唯一、操ることのできない青年・田中終一を演じたのが山田。酷暑の夏の撮影で、ハードなアクションもこなした山田だが、「藤原さんが目の演技を終えて出番が終わると、必ず僕のところに来て『ごめん、先に帰るね』と、毎回、丁寧にあいさつしてくれた」と、共演者の気遣いに感激したそうだ。

 藤原は強烈なキャラクターを演じることが多いという話になると、山田が「定食屋の話をしたら?」とポツリ。藤原によると「行きつけの定食屋のおばちゃんが、いつも『今度はどんな役?』と聞くので、『今回は、目で全世界を操る役』と答えると、『また同じタイプの役! わたしはアンタのラブコメが観たいのに』って返されるんです」とのこと。大笑いしながらこの話を披露する二人は、今回の共演ですっかり打ち解けたようだ。劇中での壮絶な敵対関係と、相手に対して完全に気を許した素顔。この大きなギャップこそ、彼らが現在の日本映画に欠かせない若手演技派であることを証明している。(取材・文:斉藤博昭)

映画『MONSTERZ モンスターズ』は全国公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 5月
  4. 30日
  5. 藤原竜也&山田孝之、30代での初共演を振り返る